サービス ライフサイクルの管理

このページでは、Cloud SDK gcloud endpoints services コマンドを使用してマネージド サービスのライフサイクルを管理する方法について説明します。

高度なユースケースでは、Service Management API を使用してプログラムによりサービスを管理できます。詳細については、Service Management API スタートガイドをご覧ください。

概要

マネージド サービスは、Gmail API、Spanner API など、Service Infrastructure と統合されたサービスを論理的に表すシンプルなリソースです。マネージド サービス自体には、サービス名とプロデューサー プロジェクトという 2 つの不変のプロパティしかありませんが、マネージド サービスの実装においては幅広い機能を提供できます。たとえば、Cloud Storage API は、何百万人ものデベロッパーや企業に地球規模のオブジェクト ストレージを提供します。

マネージド サービスには、一連のサービス ユーザー、不変のサービス構成の履歴、不変のサービス ロールアウトの履歴があります。 最新のサービス ロールアウトによって参照されるサービス構成は、サービスの現在の状態を表します。これは表示名からレート制限の指標定義まで、サービスのあらゆる面を対象にします。仕様については、google.api.Service をご覧ください。

このページでは、サービス ライフサイクルを作成および管理する方法について説明します。サービス管理の詳細については、入門ガイドをご覧ください。

サービスの作成

サービスを作成するには、次の手順を完了する必要があります。

  1. パソコンに Cloud SDK をインストールして初期化します。

  2. サービスをホストする専用のプロデューサー プロジェクトを作成します。専用プロジェクトは、サービスに最適なセキュリティと独立性を提供します。 また、サービスの所有権を別のチームや別の会社に移行することもできます。

  3. プロジェクトで Service Management API と Service Control API を有効にします。

  4. プロジェクトで Cloud Billing を有効にします。サービスを Service Infrastructure と統合するには、Service Control API、Cloud Logging API、Cloud Monitoring API など、いくつかの有料の Google Cloud プロダクトを利用します。

  5. 次のようにして、サービス用の単純なサービス構成 yaml ファイルを準備します。

    # Filename: endpointsapis.yaml
    type: google.api.Service
    config_version: 3
    # Update the next line to use your own service name.
    name: endpointsapis.appspot.com
    # Update the next line to use your own producer project id.
    producer_project_id: endpointsapis
    
  6. gcloud コマンドを実行して、空のサービス構成をデプロイします。

    gcloud endpoints services deploy endpointsapis.yaml
    

サービスの作成プロセスには約 1 分かかります。その後、Google Cloud Console の [エンドポイント] ページにサービスが一覧表示されるはずです。

サービスの一覧表示

プロジェクトのサービスを一覧表示するには、次のコマンドを使用できます。

gcloud endpoints services list --project endpointsapis

サービスの説明

サービスとその構成の説明には、次のコマンドを使用できます。

gcloud endpoints services describe endpointsapis.appspot.com

サービスの削除

サービスが不要になった場合は、次のコマンドを使用して削除できます。

gcloud endpoints services delete endpointsapis.appspot.com

注: すべてのサービスには必須の 30 日間の削除保持期間があります。

サービスの削除の取り消し

保持期間内のサービスの削除を取り消すには、次のコマンドを使用します。

gcloud endpoints services undelete endpointsapis.appspot.com

次のステップ

Service Management API は、サービス管理用の宣言型モデルを使用します。 サービスが作成されたら、サービスの目的の状態に到達するために不変のサービス構成とサービス ロールアウトを push する必要があります。サービス構成は、Cloud Billing、Cloud Logging、Cloud Monitoring、Identity and Access Management を含むサービスをサポートする Google Cloud インフラストラクチャ サービスを構成するために使用します。

サービス構成の詳細については、サービス構成の管理をご覧ください。サービス ロールアウトの詳細については、サービス ロールアウトの管理をご覧ください。