VLAN アタッチメントの無効化

VLAN アタッチメントを一時的に無効にして、パケットの転送を停止できます。これは、たとえば、フェイルオーバーをテストする場合などに便利です。1 つの接続を無効にして、冗長接続でトラフィックを正常に処理できるかテストします。

Console

  1. Google Cloud Console で [VLAN アタッチメント] タブに移動します。
    [VLAN アタッチメント] タブに移動
  2. 無効にする VLAN アタッチメントを選択します。
  3. VLAN アタッチメントの詳細ページで、[無効にする] をクリックします。アタッチメントによるパケットの転送が 1~2 分以内に停止します。[有効にする] をクリックしてアタッチメントを再び有効にできます。

gcloud

  1. 既存の有効なアタッチメントを --no-admin-enabled フラグを使用して更新し、無効にします。

    gcloud compute interconnects attachments partner update my-attachment
      --region us-central1
      --no-admin-enabled

    アタッチメントによるパケットの転送が 1~2 分以内に停止します。アタッチメントを有効にするには、--admin-enabled フラグを使用します。