クイックスタート: クライアント ライブラリの使用

このページでは、Google Cloud クライアント ライブラリを使用してお好みのプログラミング言語で Cloud Natural Language API を使用する方法を説明します。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud Natural Language API を有効にします。

    API を有効にする

  5. サービス アカウントを作成します。

    1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

      [サービス アカウントの作成] に移動
    2. プロジェクトを選択します。
    3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

      [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

    4. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

      ブラウザ ウィンドウは閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

  6. サービス アカウント キーを作成します。

    1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
    2. [キー] をクリックします。
    3. [鍵を追加]、[新しい鍵を作成] の順にクリックします。
    4. [作成] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
    5. [閉じる] をクリックします。
  7. 環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を、サービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに設定します。 この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

  8. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  9. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  10. Cloud Natural Language API を有効にします。

    API を有効にする

  11. サービス アカウントを作成します。

    1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

      [サービス アカウントの作成] に移動
    2. プロジェクトを選択します。
    3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

      [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

    4. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

      ブラウザ ウィンドウは閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

  12. サービス アカウント キーを作成します。

    1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
    2. [キー] をクリックします。
    3. [鍵を追加]、[新しい鍵を作成] の順にクリックします。
    4. [作成] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
    5. [閉じる] をクリックします。
  13. 環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を、サービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに設定します。 この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

クライアント ライブラリをインストールする

Go

go get -u cloud.google.com/go/language/apiv1

Java

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>23.1.0</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-language</artifactId>
  </dependency>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

implementation platform('com.google.cloud:libraries-bom:23.1.0')

implementation 'com.google.cloud:google-cloud-language'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-language" % "2.1.2"

Visual Studio Code、IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインでプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

ライブラリをインストールする前に、Node.js 開発のための環境を用意しておいてください。

npm install --save @google-cloud/language

Python

ライブラリをインストールする前に、Python 開発用の環境を用意しておいてください。

pip install --upgrade google-cloud-language

テキストの分析

これで、Natural Language API を使用してテキストを分析できるようになりました。次のコードを実行して、テキスト感情分析を行ってみてください。

Go


// Sample language-quickstart uses the Google Cloud Natural API to analyze the
// sentiment of "Hello, world!".
package main

import (
	"context"
	"fmt"
	"log"

	language "cloud.google.com/go/language/apiv1"
	languagepb "google.golang.org/genproto/googleapis/cloud/language/v1"
)

func main() {
	ctx := context.Background()

	// Creates a client.
	client, err := language.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create client: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	// Sets the text to analyze.
	text := "Hello, world!"

	// Detects the sentiment of the text.
	sentiment, err := client.AnalyzeSentiment(ctx, &languagepb.AnalyzeSentimentRequest{
		Document: &languagepb.Document{
			Source: &languagepb.Document_Content{
				Content: text,
			},
			Type: languagepb.Document_PLAIN_TEXT,
		},
		EncodingType: languagepb.EncodingType_UTF8,
	})
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to analyze text: %v", err)
	}

	fmt.Printf("Text: %v\n", text)
	if sentiment.DocumentSentiment.Score >= 0 {
		fmt.Println("Sentiment: positive")
	} else {
		fmt.Println("Sentiment: negative")
	}
}

Java

// Imports the Google Cloud client library
import com.google.cloud.language.v1.Document;
import com.google.cloud.language.v1.Document.Type;
import com.google.cloud.language.v1.LanguageServiceClient;
import com.google.cloud.language.v1.Sentiment;

public class QuickstartSample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // Instantiates a client
    try (LanguageServiceClient language = LanguageServiceClient.create()) {

      // The text to analyze
      String text = "Hello, world!";
      Document doc = Document.newBuilder().setContent(text).setType(Type.PLAIN_TEXT).build();

      // Detects the sentiment of the text
      Sentiment sentiment = language.analyzeSentiment(doc).getDocumentSentiment();

      System.out.printf("Text: %s%n", text);
      System.out.printf("Sentiment: %s, %s%n", sentiment.getScore(), sentiment.getMagnitude());
    }
  }
}

Node.js

サンプルを実行する前に、Node.js 開発のための環境を用意しておいてください。

async function quickstart() {
  // Imports the Google Cloud client library
  const language = require('@google-cloud/language');

  // Instantiates a client
  const client = new language.LanguageServiceClient();

  // The text to analyze
  const text = 'Hello, world!';

  const document = {
    content: text,
    type: 'PLAIN_TEXT',
  };

  // Detects the sentiment of the text
  const [result] = await client.analyzeSentiment({document: document});
  const sentiment = result.documentSentiment;

  console.log(`Text: ${text}`);
  console.log(`Sentiment score: ${sentiment.score}`);
  console.log(`Sentiment magnitude: ${sentiment.magnitude}`);
}

Python

サンプルを実行する前に、Python 開発用の環境を用意しておいてください。

# Imports the Google Cloud client library
from google.cloud import language_v1

# Instantiates a client
client = language_v1.LanguageServiceClient()

# The text to analyze
text = u"Hello, world!"
document = language_v1.Document(content=text, type_=language_v1.Document.Type.PLAIN_TEXT)

# Detects the sentiment of the text
sentiment = client.analyze_sentiment(request={'document': document}).document_sentiment

print("Text: {}".format(text))
print("Sentiment: {}, {}".format(sentiment.score, sentiment.magnitude))

これで完了です。Natural Language API に最初のリクエストが送信されました。

いかがでしたか

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

  • 不要になったプロジェクトを Cloud Console で削除します。

次のステップ