AutoML Natural Language クライアン トライブラリ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、AutoML API の Cloud クライアント ライブラリの使用の開始方法について説明します。以前の Google API クライアント ライブラリをはじめ、Cloud APIs のクライアント ライブラリの詳細については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

クライアント ライブラリをインストールする

C#

詳細については、C# 開発環境の設定をご覧ください。

現在、AutoML Natural Language 用の C# クライアント ライブラリは、アルファ版としてリリースされています。

install-package Google.Cloud.AutoML.V1 -pre

Go

詳細については、Go 開発環境の設定をご覧ください。

go get cloud.google.com/go/automl

Java

詳細については、Java 開発環境の設定をご覧ください。

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>26.1.4</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-automl</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-bigquery</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-storage</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

implementation platform('com.google.cloud:libraries-bom:26.1.5')

implementation 'com.google.cloud:google-cloud-automl'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-automl" % "2.6.0"

Visual Studio Code、IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインでプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

詳細については、Node.js 開発環境の設定をご覧ください。

npm install --save @google-cloud/automl

PHP

詳細については、Google Cloud での PHP の使用をご覧ください。

composer require google/cloud-automl

Python

詳細については、Python 開発環境の設定をご覧ください。

pip install --upgrade google-cloud-automl

Ruby

詳細については、Ruby 開発環境の設定をご覧ください。

gem install google-cloud-automl

認証を設定する

クライアント ライブラリを使用する場合は、アプリケーションのデフォルト認証情報(ADC)を使用して認証を行います。ADC の設定については、アプリケーションのデフォルト認証情報に認証情報を提供するをご覧ください。クライアント ライブラリで ADC を使用する方法については、クライアント ライブラリを使用して認証するをご覧ください。

クライアント ライブラリの使用

次の例は、クライアント ライブラリの使用方法を示しています。

C#

AutoML Natural Language でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Go

AutoML Natural Language でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Java

AutoML Natural Language でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Node.js

AutoML Natural Language でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

PHP

AutoML Natural Language でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Python

AutoML Natural Language でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Ruby

AutoML Natural Language でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

参考情報