以前のバージョンの Migrate for Compute Engine(旧称 Velostrata)のドキュメントが表示されています。引き続きこのバージョンを使用するか、現在のバージョンを使用してください。

Azure VM から Google Cloud への移行

このドキュメントでは、Migrate for Compute Engine を使用して VM を Azure から Google Cloud に移行する方法について説明します。

続行する前に、Azure の前提条件構成を完了する必要があります。

Azure で利用可能な移行オペレーション

Azure から Google Cloud に移行する場合、次のオペレーションがサポートされています。

  • クラウド内実行
  • ストレージの移行
  • 元に戻す
  • 接続解除の準備
  • 接続解除
  • クリーンアップ

上記オペレーションの詳細については、VM 移行ライフサイクルをご覧ください。

移行プロセス

Migrate for Compute Engine は、Azure から Google Cloud へのインスタンスの移行中に次の処理を行います。

  1. Azure でソース VM を停止します。
  2. Azure で Migrate for Compute Engine VM Importer を作成します。
  3. ソース VM ディスクからスナップショットを取得します。
  4. ソース VM スナップショットからデータディスクを作成し、Migrate for Compute Engine Importer に接続します。
  5. Google Cloud でインスタンスを 1 つ作成します。
  6. Importer から Google Cloud Cloud Extension にデータをストリーミングします。
  7. 移行が完了すると、Migrate for Compute Engine によって Importer が解除され、リソースがクリーンアップされます。

プロセスの最後で、元の Azure インスタンスはそのまま残り、電源がオフになります。

Wave を使用した移行

Wave Migrations で VM を Azure から Google Cloud に移行できます。

ストレージの移行を開始するには、Wave で新しいフル マイグレーション ジョブの作成を実行します。