ログ エクスプローラの概要

Cloud Logging では、ログデータを分析するための新しいバージョンのインターフェースであるログ エクスプローラが導入されています。応答性がより向上し、クエリのログをすばやく効率的に取得、表示、分析できる新機能が導入されました。

ログ エクスプローラは機能が強化されていますが、以前のログビューアも引き続きご利用いただけます。ログ分析を行う際は、以前のログビューアとログ エクスプローラを切り替えることができます。

ログ エクスプローラ: 従来の機能と今後搭載予定の機能

ログ エクスプローラの機能は今後も改善を予定しています。新機能が継続的に追加されます。ログ エクスプローラの現在の機能と今後搭載が予定されている機能については、次の表をご覧ください。

機能 ログ エクスプローラ
ログをストリーム はい
ログ エクスプローラとログルーター ページでシンクを作成する
ログをダウンロード
ログエントリを固定する
リソース コンテキスト内でログエントリを表示する
ログエントリにリンクをコピーする
最近のクエリを使用(
推奨クエリを使用(
ログ ダッシュボードを使用してログベースの指標を表示(新)
[ログフィールド] パネルでログを分析し、クエリを絞り込む(新)
ログ ヒストグラムを表示(新)
正規表現を使用したクエリログ(新)
ネストされたフィールドを展開
期間セレクタ
一致エントリを表示
概要行にフィールドを追加
ログが表示されるタイムゾーンを変更
組織レベルとフォルダレベルのログを表示
ログエントリをクリップボードにコピーする
今すぐ開始を使用して、時間に基づいてクエリを絞り込む
保存したクエリを使用
最新のログを最初または最後に表示
共有クエリの使用 処理中

ログ エクスプローラの概要については、ログ エクスプローラの使用をご覧ください。

以前のログビューアの概要については、以前のログビューアの使用をご覧ください。