Cloud Identity への移行

Cloud Identity は、クラウド リソースにアクセスできるユーザーとグループを一元管理できるようにする「サービスとしての ID」(IDaaS)ソリューションです。

組織内の開発者が管理対象外の一般ユーザー向けアカウント(個人用の Gmail アカウントなど)を業務目的で使用している場合、そのアカウントには管理が及びません。これらのユーザーを Cloud Identity アカウントに移行すると、ドメイン内のすべてのユーザーのアクセスとコンプライアンスを管理できます。

Cloud Identity では、Gmail や ドライブ などの G Suite サービスを必要としないユーザー向けに無料の ID サービスが提供されます。Cloud Identity に移行すると、ユーザーごとに無料のアカウントを作成し、Google 管理コンソールからすべてのユーザーを管理できます。

詳しくは、Cloud Identity とはをご覧ください。

Cloud Identity の利用を開始する

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Identity and Access Management のドキュメント