エラーの管理

エラーを確認するには、GCP Console の [Error Reporting] ページを開きます。頻度順に、最近発生したエラーグループの一覧が表示されます。

ヒント: これは、メールの受信トレイと同じように扱ってください。根本的な問題を解決し、予測されるエラーや再発するエラーを非表示にして整理整頓してください。

Error Reporting リストの表示とフィルタリングの詳細については、エラーの表示をご覧ください。

エラーを管理するために必要な権限については、アクセス制御ガイドをご覧ください。

以降のセクションでは、エラーの管理方法について説明します。

エラーサンプル

通常、グループ化されたエラーは非常によく似ています。このため、Error Reporting では 1,000 回分の発生情報のみがサンプルとして保持され、それ以外の発生情報はそのサンプルを基に推定されます。あるエラーを発生するたびに保持するには、ログを BigQuery にエクスポートしてください。その後も、そのエラーの発生情報がすべて保持されます。

各サンプルに関してアプリケーションから Error Reporting に送信されるデータが UI に表示されます。たとえば、Google App Engine スタンダード環境では、エラーを誘発するリクエストのユーザー エージェント名や URL などの情報(メタデータなど)が特定されます。ログエントリとして独自のエラーレポートを送信する場合は、使用可能なフィールドのリストを確認します。Stackdriver Error Reporting API を使用している場合は、ReportedErrorEvent オブジェクトをご覧ください。

詳細については、エラーをグループ化する方法をご覧ください。

解決ステータスの変更

ワークフローを管理するには、以下の操作を行い、エラーグループの解決ステータスを変更します。

  1. GCP Console で [Stackdriver] > [Error Reporting] ページの順に移動します。

    [Error Reporting] ページに移動

  2. エラーグループの左側に、[解決ステータス] 列が表示されます。

  3. 前のパネルで、[解決ステータス] 列を展開して、エラーグループのステータスを変更します。可能なステータス値は次のとおりです。

    • オープン: すべてのエラーグループのデフォルトの初期状態。他の状態は手動で設定します。エラーグループのステータスは、いつでも [オープン] に戻すことができます。
    • 確認済み: エラーグループのトリアージ ステータス。
    • 解決済み: エラーグループが修正され、今後発生しないことを示すための状態。[解決済み] とマークされたエラーグループで問題が再発した場合、Error Reporting は解決ステータスを [オープン] に戻します。
    • ミュート: リストからエラーグループを選択できません。詳細については、エラーのミュートをご覧ください。

エラーのミュート

Error Reporting リストでエラーグループを非表示にするには、解決ステータスを「ミュート中」に変更します。ミュートされたエラーは、再発してもリストに表示されません。

ミュートされたエラーグループを表示する(必要に応じてミュートを解除する)には、次の操作を行います。

  1. ページの右上にあるメニューから [ミュートされたエラーを管理] をクリックします。

  2. [ミュートされたエラー] ページが表示されます。上のナビゲーション バーで、[解決ステータス] パネルを展開します。リストに表示しないエラーグループの解決ステータス タイプを選択します。

エラーグループのミュートを解除するには、同じ [解決ステータス] パネルの該当する解決ステータス タイプの選択を解除します。

問題とのリンク

エラーグループを問題にリンクできます。

エラーグループに関連付けられている問題を表示または変更するには、リストの各行の横にあるバグアイコンをクリックします。

エラーグループが問題の URL に関連付けられていない場合、バグアイコンをクリックすると、[問題の URL をこのエラーにリンク] パネルが開きます。ここで、適切な URL を入力します。

エラーグループが問題追跡ツールの URL に関連付けられている場合、バグアイコンをクリックすると、そのリンクが新しいブラウザータブに表示されます。

通知

新しいエラーの発生時や、解決済みのエラーが再発した場合に通知するように Error Reporting を設定できます。詳細については、メール通知とモバイル通知をご覧ください。

エラーの削除

gcloud ツールや REST API を使用して、指定されたプロジェクトに保存されているすべてのエラーイベントを削除し、エラーカウントをゼロにリセットできます。

gcloud

すべてのエラーイベントを削除するには、次のコマンドを使用します。

gcloud beta error-reporting events delete

REST API

すべてのエラーイベントを削除するには、REST API の projects.deleteEvents メソッドを使用します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Stackdriver Error Reporting
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。