概要

この概要は、Google Cloud Platform の全体像の理解を助けることを目的としています。ここでは、よく使われる機能の簡単な説明と、より深く進むために役立つドキュメントへの手がかりが得られます。何が利用でき、各部分がどのように連携して機能するかを知ることは、進め方を決めるのに役立ちます。また、さまざまなシナリオで Cloud Platform を試すために使えるいくつかのチュートリアルへのリンクも用意されています。

Cloud Platform リソース

Cloud Platform は、コンピュータやハードディスク ドライブなどの物理アセット一式、および仮想マシン(VM)などの仮想リソースで構成され、これらは世界中の Google のデータセンターに含まれています。各データセンターの位置は、グローバル地域にあります。地域は米国中部、西ヨーロッパ、東アジアを含んでいます。各地域は、地域内で互いに隔てられたゾーンの集合です。各ゾーンは文字の識別子と地域名を組み合わせた名前で識別されます。例えば、東アジア地域のゾーン aasia-east1-a と名付けられています。

リソースのこの分布には、リソースをクライアントの近くに配置することによる障害時の冗長性やレイテンシの削減など、いくつかの利点があります。この分布により、リソースを一緒に使用する方法についてのいくつかのルールが導入されます。

サービスを介したリソースへのアクセス

クラウド コンピューティングでは、ソフトウェアやハードウェア製品と見なして利用できるものがサービスになります。これらのサービスは、基本となるリソースへのアクセスを提供します。利用可能な Cloud Platform サービスのリストは長く、さらに増え続けています。Cloud Platform でウェブサイトやアプリケーションを開発する場合には、これらのサービスを組み合わせて必要なインフラストラクチャを得たり、構築したいシナリオを有効にするためのコードを追加したりします。

グローバル リソース、地域リソース、ゾーンリソース

一部のリソースは、他のリソース、複数の地域やゾーンによってもアクセスできます。これらのグローバル リソースは、事前設定されたディスク イメージ、ディスクのスナップショット、ネットワークを含みます。一部のリソースは、同じ地域に位置するリソースからのみアクセスできます。これらの地域リソースには、静的外部 IP アドレスが含まれます。他のリソースは、同じゾーンに配置されているリソースからのみアクセスすることができます。これらのゾーンリソースには、VM インスタンス、その種類とディスクが含まれます。

次の図は、グローバル スコープ、地域、ゾーン、またそれらのリソースの一部との関係を示しています。

Google Cloud Platform はリソースの区分に地域とゾーンを使用しています

操作の範囲は作業しているリソースの種類によって異なります。例えば、ネットワークはグローバルなリソースであるため、ネットワークの構築はグローバルな操作ですが、アドレスは地域リソースであるため、IP アドレスの予約は地域的な操作になります。

Cloud Platform アプリケーションの最適化を開始するにあたっては、これらの地域やゾーンがどのように相互作用するかを理解することが重要です。例えば、ある地域でのディスクを別の地域のコンピュータに接続することは、もしできたとしてもしないでしょう。なぜなら導入されるレイテンシが、非常に低いパフォーマンスを生じることになるからです。幸い Cloud Platform はそのようなことはしません。ディスクは、同じゾーン内のコンピュータにのみ取り付けることができます。

選択したコンピューティング サービスとホスティング サービスに必要な自己管理のレベルに応じて、どこにどのようにリソースを割り当てるか、考える必要がある場合もあります。

Cloud Platform の地理的分布についての詳細は、地理と地域をご覧ください。

プロジェクト

割り当てて使用する Cloud Platform のリソースはすべて、プロジェクトに属していなければなりません。プロジェクトは、構築するもののための組織エンティティとして考えることができます。プロジェクトは、設定、権限、そしてアプリケーションを記述したその他のメタデータで構成されます。単一のプロジェクト内のリソースは、地域とゾーンのルールに従うことを条件に、例えば内部ネットワークを通して通信することによって、簡単に連携できます。各プロジェクトに含まれるリソースは、プロジェクトの境界を越えて分離したままで、外部ネットワーク接続を介してのみそれらを相互接続できます。

各 Cloud Platform プロジェクトには以下が含まれています。

  • ユーザーが提供するプロジェクト名
  • ユーザーが提供できる、または Cloud Platform がユーザーに提供できるプロジェクト ID
  • Cloud Platform が提供するプロジェクト番号

Cloud Platform で作業する際、これらの識別子は特定のコマンドラインと API 呼び出しで使われます。次のスクリーンショットは、プロジェクト名、その ID、番号を示しています。

Google Cloud Platform Console はプロジェクトのIDと名前を表示します

この例では、

  • [Example Project] はプロジェクト名です。
  • [example-id] はプロジェクト ID です。
  • [123456789012] はプロジェクト番号です。

各プロジェクト ID は Cloud Platform 全体でユニークです。プロジェクトをいったん作成すると、プロジェクトは削除できますが、その ID は再び使用することができません。

課金を有効にすると、各プロジェクトは 1 つの請求先アカウントに関連付けられます。複数のプロジェクトは、それらのリソース使用量を同じアカウントに請求することができます。

プロジェクトは名前空間として機能します。これは、各プロジェクト内のどのリソースもユニークな名前を持っていなければならないことを意味しますが、別々のプロジェクトである場合は、通常リソース名を再度使うことができます。一部のリソース名はグローバルに一意でなければなりません。詳細は、リソースのドキュメントを参照してください。

サービスと通信する方法

Cloud Platform は、サービスやリソースと通信するための 3 つの基本的な方法を提供します。

Google Cloud Platform Console

Google Cloud Platform Console はウェブUI を提供します

Google Cloud Platform Console は、Cloud Platform プロジェクトとリソースを管理するために使用できるウェブベースのグラフィカル ユーザー インタフェースを提供します。Cloud Platform Console を使用する際には、新しいプロジェクトを作成するか、または既存のプロジェクトを選択して、そのプロジェクトのコンテキストで作成したリソースを使用します。複数のプロジェクトを作成することができるので、さまざまな方法で作業を分割するためにプロジェクトを使用することができます。例えば、あるプロジェクトで特定のチームメンバーだけがプロジェクト内のリソースにアクセスできるようにし、一方でもう 1 つのプロジェクトではチームの全員がリソースにアクセスを続行できるようにしたい場合、新しいプロジェクトを開始することができます。

コマンドライン インターフェイス

ターミナル ウィンドウで作業する場合、Google Cloud SDK は必要なコマンドへアクセスできるようにする gcloud コマンドライン ツールを提供します。gcloud ツールは、開発ワークフローと Cloud Platform のリソースの両方を管理するために使用できます。使用できるコマンドの完全なリストについては、gcloud リファレンスをご覧ください。

クライアント ライブラリ

Cloud SDK には、簡単にリソースを作成し管理することができるクライアント ライブラリが含まれています。Cloud Platform のクライアント ライブラリは、次の 2 つの主な目的のために API を公開しています。

  • アプリ API はサービスへのアクセスを提供します。アプリ API は、Node.js や Python などのサポートされた言語のために最適化されています。ライブラリはサービスのメタファを中心に設計されているので、サービスとより自然に連携し、あまり定型的でないコードを書くことができます。ライブラリはまた、認証と承認のためのヘルパーを提供します。

  • 管理 API はリソース管理のための機能を提供します。例えば、自分自身の自動化ツールを構築したい場合、管理 API を使うことができます。

また、Google マップ、Google ドライブ、YouTube などのプロダクトの API にアクセスするには、Google API クライアント ライブラリを使用することができます。

料金

Cloud Platform で料金設定がどのように行われるかについて Google の原則を理解するには、料金設定ページをご覧ください。個々のサービスのための料金設定を理解するには、プロダクト価格のセクションをご覧ください。

また、Cloud Platform を使用するコストを評価するのに役立ついくつかのツールを活用することができます。

  • 料金計算ツールを使えば、予想される Cloud Platform の使用量をすばやく簡単に見積もることができます。Compute Engine インスタンスや永続ディスクの数とサイズなど、使用したいサービスについての詳細を入力すると、料金の見積もりを見ることができます。

  • 所有権(TCO)の総コストツールは、クラウド上で計算負荷を実行するための相対的なコストを評価し、コストの見積もりを提供します。このツールは、コスト モデリングのためにユーザーが調整できるいくつかの入力を提供し、その後、Cloud Platform と AWS での推定コストを比較します。このツールは、ストレージやネットワークのような一般的なアプリケーションのすべてのコンポーネントをモデルとしません。

次へ: サービスについて学習

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...