割り当てと制限

は、

このドキュメントでは、Dialogflow API の使用に関する現在の制限事項と使用制限について説明します。これらの制約事項や使用制限に変更があったときは、このページにもその変更が反映されます。Google は、このような制限事項をいつでも変更できる権限を有します。

割り当ては、Dialogflow エージェントのエディションによって異なり、また Google アシスタント アプリがリクエストしているかどうかによって異なります。Dialogflow のエディションの詳細については、Dialogflow のエディションをご覧ください。両方のエディションの割り当てを次の表に記載します。

機能 Dialogflow Standard Edition Dialogflow Enterprise Edition
1 分あたりのテキスト リクエスト数 180 600
1 分あたりの音声リクエスト数* 100** 300
1 日あたりの音声リクエスト数* 1,000** 100,000
1 か月あたりの音声リクエスト数 15,000** 無制限
1 リクエストあたりの音声の長さ 60 秒 60 秒
1 分あたりのその他のリクエスト数(インテントの編集など) 60 60

* 各 StreamingDetectIntent ストリームは、ストリーム内に StreamingDetectIntentRequest 音声のフレームが複数含まれる場合でも、1 つのリクエストと見なされます。

** 音声インタラクションの割り当ては、Actions on Google を使用する Google アシスタント アプリには適用されません。

これらの割り当ては、Dialogflow の各デベロッパー プロジェクトに適用され、特定のデベロッパー プロジェクトを使用するすべてのアプリケーションと IP アドレスで共有されます。割り当ての上限を引き上げるには、Google Cloud Platform ダッシュボードの [割り当て] タブで割り当ての編集ボタンをクリックし、割り当て編集フォームの [割り当ての増加を申し込む] をクリックして Dialogflow 割り当ての追加リクエストを送信してください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Dialogflow Enterprise Edition Documentation