割り当てと上限

このドキュメントでは、Text-to-Speech の使用に対する API の現在の制限事項と使用量上限について説明します。これらの制限事項や使用量上限に変更があったときは、このページにもその変更が反映されます。Google は、このような制限事項をいつでも変更できる権限を有します。コンテンツとリクエストの合計数を追跡するには、API 使用状況のモニタリングに関するドキュメントをご覧ください。

アプリケーションやメディアで Text-to-Speech を使用して作成した音声データファイルのご利用に際しては、適用される法律を含め、Google Cloud Platform 利用規約を遵守していただく必要があります。

Google Cloud Console からリクエストの上限の引き上げをリクエストできます。コンテンツの上限を引き上げることはできません。詳細については、割り当ての管理をご覧ください。

リクエスト送信後に、Google から詳細について確認させていただく場合があります。リクエストの承認または却下の結果については、追ってお知らせいたします。

コンテンツの上限

Cloud Text-to-Speech のコンテンツはテキストデータ(生の文字列または SSML 形式のデータ)として提供されます。

この API では、このコンテンツのサイズに対し次の上限が適用されます(変更される場合があります)。

音声合成の上限
1 リクエストあたりの合計文字数 5,000

リクエストの上限

Text-to-Speech の現在の API 使用量上限は次のとおりです(変更される場合があります)。

上限のタイプ 使用量上限
1 分あたりのリクエスト数 1,000
1 分あたりの文字数 500,000