Cloud Monitoring

Cloud Monitoring には、クラウドで実行されるアプリケーションのパフォーマンスや稼働時間、全体的な動作状況を視覚的に確認できる機能があります。Google Cloud のオペレーション スイートでは、Dataproc Metastore サービスから指標、イベント、メタデータを収集して取り込み、ダッシュボードやグラフを使用して分析情報を生成します。

Monitoring でのサービス指標へのアクセス

Dataproc Metastore サービス リソース指標は、Dataproc Metastore サービスで自動的に有効になります。Monitoring を使用してこれらの指標を表示できます。

Monitoring には Google Cloud Console から、または Monitoring API を使用してアクセスできます。

Console

  1. Cloud Console で、[Cloud Monitoring] > [Metrics Explorer] ページに移動します。

    [Metrics Explorer] ページに移動

  2. [Find resource type and metric] プルダウン リストから、リソース Dataproc Metastore Service を選択します。

  3. 入力ボックスをもう一度クリックし、プルダウン リストから指標を選択します。指標名にカーソルを合わせると、指標に関する情報が表示されます。

フィルタの選択、指標ラベルによるグループ化、集計の実行、グラフ表示オプションを選択できます。

REST

Monitoring の timeSeries.list API を使用して、filter 式で定義された指標を取得し、一覧表示できます。API ページの [Try this API] テンプレートを使用して、API リクエストを送信し、レスポンスを表示します。

Monitoring の Dataproc Metastore サービスの指標

Dataproc Metastore サービスの指標には、サービスの正常性とリクエスト数が含まれます。

指標名 Monitored Resource ステータス
metastore.googleapis.com/service/health metastore.googleapis.com/Service GA
metastore.googleapis.com/service/request_count metastore.googleapis.com/Service GA

カスタム Monitoring ダッシュボードの構築

選択した Dataproc Metastore サービスの指標をグラフ表示するカスタム Monitoring ダッシュボードを構築できます。

  1. Monitoring の [ダッシュボードの概要] ページから [+ Create Dashboard] を選択します。ダッシュボードの名前を入力し、右上にあるメニューで [Add Chart] をクリックして、[Add Chart] ウィンドウを開きます。リソースタイプとして Dataproc Metastore Service を選択します。1 つ以上の指標と、指標およびチャートのプロパティを選択します。グラフを保存します。

  2. ダッシュボードにグラフを追加できます。ダッシュボードを保存すると、そのタイトルが Monitoring の [ダッシュボードの概要] ページに表示されます。ダッシュボードのグラフは、ダッシュボード表示ページから表示、更新、削除ができます。

Monitoring アラートの使用

Monitoring アラートを作成すると、Dataproc Metastore サービスやジョブの指標が指定されたしきい値を超えた場合に通知を受け取れます。

アラートの作成

  1. Cloud Console で、[Monitoring アラート] を開きます。[+ CREATE POLICY] をクリックして、[通知ポリシーを作成] フォームを開きます。アラートの条件、ポリシーのトリガー、通知チャネル、ドキュメントを追加してアラートを定義します。

  2. [ADD CONDITION] を選択して、選択されている [Metric] タブでアラート条件フォームを開きます。フィールドに入力してアラート条件を定義し、[ADD] をクリックします。

  3. アラート条件を追加したら、通知チャネル、ポリシーのトリガー、ドキュメント、アラート ポリシー名を設定してアラート ポリシーを完成させます。

アラートの表示

指標しきい値条件によってアラートがトリガーされると、Monitoring によってインシデントと対応するイベントが作成されます。インシデントは、Cloud Console の Monitoring のアラートページから表示できます。アラート ポリシーに通知メカニズム(メールや SMS 通知など)を定義した場合も、Monitoring によってインシデントの通知が送信されます。

次のステップ