サービスのデプロイ

Cloud Run サービスのデプロイ

サービスを Cloud Run にデプロイする

  1. コマンド パレットを使用して [Deploy to Cloud Run] コマンドを選択します(Ctrl / Cmd + Shift + P キーでアクセスできます)。

    Cloud Run Deployment UI が表示されます。

    Cloud Run: 既存サービスが選択された Deployment UI

  2. Google Cloud プロジェクトを設定します。

  3. 既存のサービスを選択するか、新しいサービスを作成します。

  4. 新しいサービスを作成する場合は、[Deployment Platform] でプラットフォームの設定として、[Cloud Run (fully managed)] または [Cloud Run for Anthos] を選択します。開発ニーズに最適なオプションを決定する必要がある場合は、プラットフォームの選択のガイドをご覧ください。

    • [Cloud Run (fully managed)] を選択した場合は、デプロイ先のリージョンを選択します。
    • [Cloud Run for Anthos] を選択した場合は、Kubernetes クラスタ情報を構成します(クラスタで Anthos のサポートを有効にする必要があります)。
  5. [Advanced revision settings] セクションを使用して、サービス アカウント、環境変数、SQL 接続などの追加設定を指定することもできます。

    次の環境変数が実行中のコンテナに自動的に追加されます。

    名前 説明
    PORT HTTP サーバーでリッスンする必要があるポート。 8080
    K_SERVICE 実行されている Cloud Run サービスの名前。 hello-world
    K_REVISION 実行されている Cloud Run リビジョンの名前。 hello-world.1
    K_CONFIGURATION リビジョンを作成した Cloud Run 構成の名前。 hello-world

  6. ビルダー(Docker または Buildpack)とその設定を指定します。

  7. 必要な設定を入力後、[Deploy] をクリックします。

    これにより、Cloud Code がイメージをビルドしてレジストリに push し、サービスを Cloud Run にデプロイします。サービスが公開されます。

  8. 実行中のサービスを表示するには、webview に表示される URL を使用します。

    また、実行中のサービスの詳細を表示するには、[Show Detailed Logs] ボタンをクリックし、出力ウィンドウで詳細ログを確認します。

    [Deploy to Cloud Run] の UI に表示された実行中サービスの URL とその下の [Show Detailed Logs] ボタン

  9. セッションが完了したら、Cloud Code のステータスバーを使用して、アプリケーションとコンテキスト リソースを監視するための追加のコンテキスト メニュー オプションを使用できるようになります。

    • Open Deployment Logs: Cloud Code ログビューアで特定のデプロイメントのアプリケーション ログを開きます。
    • Open Service URL: 特定サービスのアプリケーション サービス URL をウェブブラウザで開きます。
    • Turn on/off watch mode: 現在のセッションのウォッチモードを切り替えます(デバッグ セッションでは使用できません)。

      Cloud Code のステータスバーから選択できるオプション: 通常の Cloud Code アクションに加えて、Open Logs ログ、Open Service URL、Watch Mode をオンにします

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。