Cloud Run プラットフォームの選択

このページでは、Cloud Run プラットフォームの選択に役立つ詳細情報を説明します。Cloud Run には、フルマネージド環境と Anthos のどちらでサービスを実行するかを選択できる柔軟性があります。すでに Anthos を使用している場合、Cloud Run は Anthos GKE クラスタまたはオンプレミス ワークロードに簡単にデプロイできます。さらに、Cloud Run(フルマネージド)から Cloud Run for Anthos に、またはその逆に簡単に切り替えることができます。アプリケーション コードを変更する必要はありません。

プラットフォームの違いを理解する方法の 1 つとして、次の大まかなアーキテクチャ図をご覧ください。

画像

Cloud Run(フルマネージド)

Cloud Run(フルマネージド)プラットフォームでは、基盤となるインフラストラクチャについて一切心配することなくステートレス コンテナをデプロイできます。ワークロードは、アプリへのトラフィックに応じて自動的にスケールされるか、ゼロにスケーリングされます。料金は、アプリが実行されている間のみ 100 ミリ秒単位で課金されます。

Cloud Run for Anthos

Cloud Run for Anthos は Kubernetes の複雑なコンセプトを抽象化するため、デベロッパーは Kubernetes とサーバーレスの両方のメリットを簡単に活用できます。カスタム マシンタイプを選択でき、追加のネットワーキングのサポートと Cloud Accelerator も用意されています。ワークロードは、オンプレミスまたは Google Cloud 上で実行できます。

比較表

次の表は、プラットフォーム間の主な違いを示したものです。

Cloud Run(フルマネージド) Cloud Run for Anthos
料金 従量課金 Anthos の一部として含まれる
マシンタイプ 制限された CPU とメモリ Anthos 上の標準またはカスタム マシンタイプ(GPU を含む)
自動スケーリング デフォルトでは、割り当ての増加でコンテナ インスタンスを最大 1,000 個に増やすことができます。 Anthos GKE クラスタの能力によって制限される
ID とポリシー 各サービスを呼び出せる ID を管理(または、未認証の呼び出しを許可) サービスをインターネット上で公開し、クラスタまたは VPC ネットワークでのみ利用可能にする
ネットワーキング サーバーレス VPC アクセス経由での VPC / Compute Engine ネットワークへのアクセスサービスが Istio サービス メッシュに含まれていない VPC / Compute Engine ネットワークにアクセス可能。サービスが Istio サービス メッシュに含まれている
URL 自動サービス URL と SSL 証明書 手動の SSL 証明書を含むカスタム ドメインのみ
コンテナの分離 gVisor サンドボックスに基づく厳格なコンテナ分離 Kubernetes のデフォルトのコンテナ分離
実行環境 Google インフラストラクチャ上でフルマネージド Anthos on Google Cloud
VMware 上にデプロイされた Anthos(オンプレミス)