Cloud Code の機能

Cloud Code は、既存のテンプレートを利用したアプリケーションの作成からデプロイしたアプリのリソースのモニタリングまで、IDE での Kubernetes と Cloud Run アプリケーションの開発サイクル全体をサポートします。Cloud Code には、すぐに使用を開始できるように、すぐに使用可能なサンプルと構成スニペットが用意されています。

Cloud Code はすべてのクラウド プラットフォームに対応しますが、Google Cloud でホストされるクラスタであれば、効率的な Google Kubernetes Engine 機能によって簡単に作成できます。また、Cloud Source Repository、Cloud Build、さまざまな Cloud ライブラリといったツールともスムーズに統合できます。

新しいアプリケーションを作成する

Cloud Code が提供する機能のいくつかを紹介します。

開発:

  • Cloud Code には完全に機能するサンプルが用意されており、すぐに実行してデバッグできます。リポジトリからこれらのサンプルのクローンを作成するか、または新しいアプリケーション コマンドを使用してサンプルにアクセスできます。
  • カスタム テンプレート リポジトリをインポートして、組織固有のアプリケーションを素早くセットアップできます。
  • スマート テンプレート、すぐに使えるスニペット、コンテキスト ベースの補完機能により、構成ファイルを簡単に作成、編集できます。
  • ローカルとリモートの JSON/YAML ファイルの差分を表示します。
  • Kubernetes Secret の管理をサポートします。
  • Cloud Shell のワークスペースを使用したリモート開発をサポートします。

実行:

  • IDE からワンクリックでアプリケーションを実行できます。
  • 「ウォッチ」モードを使用すると、ライブ アプリケーションの継続的なビルドとリアルタイムの編集が可能になり、タイトな開発ループを維持できます。
  • アプリケーション終了時に、自動ポート転送とリソースのクリーンアップを行います。

デバッグ:

  • Kubernetes クラスタで実行されるアプリケーションの直感的なデバッグをサポートします。

モニタリング:

  • Deployment、Pod、コンテナのログの表示とストリーミングを行います。

リソース管理:

  • Kubernetes クラスタをすばやく作成して、アプリを開発およびテストできます。
  • 組み込みの Kubernetes と Cloud Run Explorer で実行中のクラスタと Service を検査します。