Cloud Code 拡張機能の設定

IntelliJ 用の Cloud Code 拡張機能は、IntelliJ(Community および Ultimate Edition)、GoLand、PyCharm、WebStorm など、IDE の JetBrains ファミリーに対し、Google Cloud Platform 開発のサポート機能を追加します。

要件

次のツールがシステムにインストールおよび設定され、マシンの PATH で使用可能である必要があります。

  • JetBrains IDE バージョン 2019.3 以降

    お使いの IDE は、次のいずれかの JetBrains IDE である必要があります。

    • IntelliJ Ultimate または Community
    • PyCharm Professional または Community
    • WebStorm
    • GoLand
  • コンテナ イメージをビルドおよび push するための Docker

  • 構成済みの Kubernetes クラスタ。ローカル開発用のクラスタ(MinikubeDocker Kubernetes クラスタ)、またはリモート クラスタ(Google Kubernetes Engine クラスタ)です。ローカル開発には Minikube クラスタをおすすめします。

マネージド依存関係

Cloud Code では、デフォルトで次のように一部で必要なコマンドライン依存関係を自動的にインストールします。

  • Kubernetes クラスタを操作し、Kubernetes デプロイを管理するための kubectl
  • Kubernetes クラスタの継続的な開発、スマート イメージのビルドとタグ付け、さまざまなデプロイおよびビルドタイプをサポートする skaffold
  • Google Cloud 上のリソースの管理をサポートする Cloud SDK

これらの依存関係のカスタム バージョンを使用する場合は、IDE 内で関連する Cloud Code 設定を指定([File] > [Settings] > [Other Settings] > [Cloud Code] > [Kubernetes]、または Mac OS X の場合は [IntelliJ IDEA] > [Preferences] > [Other Settings] > [Cloud Code] > [Kubernetes])して、依存関係の管理を無効にします。

Cloud Code プラグインのインストール

  • IDE のプラグイン マーケットプレイスから([File] > [Settings] > [Plugins] または Mac OS X の場合は [IntelliJ IDEA] > [Preferences] > [Plugins])「Cloud Code」プラグインを探してインストールします。

    このとき、プラグインを有効にするために IDE の再起動を求められることがあります。

  • 完了したら、独自のアプリケーションの作成、または既存のアプリケーションのインポートを開始できます。

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。