Cloud Code for IntelliJ でプレリリース版機能を使用する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

プレリリース版ビルドのインストールや、Cloud Code インサイダー グループへの加入により、プレリリース版の機能を試したり、貴重なフィードバックを提供したり、Cloud Code for IntelliJ のデベロッパーやその他のユーザーに質問したりすることができます。

プレスリリース版ビルドには、今後のリリースで削除される可能性のあるバグ修正や開発中の機能が含まれる場合があります。プレリリース版の機能は、このページと IDE のスタートページに表示されます。

プレリリース版で使用できる機能

Kpt の統合

Cloud Code は、Kubernetes リソースをパッケージ化、カスタマイズ、検証、適用するためのツールである kpt をサポートするようになりました。set-labelsset-annotationsset-namespace の各関数は、kpt IDE から直接 Kptfile から関数カタログを作成できます。

インサイダー ビルドのインストール

インサイダー ビルドの通知を有効にすると、新しいインサイダー機能が利用可能になったときに Cloud Code を更新するよう求めるメッセージが表示されます。

インサイダー ビルドの通知を有効にする

  1. スタートページを開くには、[Tools] > [Cloud Code] > [Help / About] > [About Cloud Code] をクリックします。
  2. [新しいインサイダー ビルドが利用可能になったときに通知を受け取る] オプションを有効にします。
    新機能が利用可能になったら場合は、[今すぐ更新] または [後で更新] をクリックするよう求められます。

インサイダー プログラムを終了する

インサイダー ビルドの通知を無効にすると、新しいインサイダー機能が利用可能になったときのプロンプトが表示されなくなります。Cloud Code インサイダー グループから自分自身を削除することもできます。

プレリリース版のビルドを無効にする

  1. スタートページを開くには、[Tools] > [Cloud Code] > [Help / About] > [About Cloud Code] をクリックします。
  2. [新しいインサイダー ビルドが利用可能になったときに通知を受け取る] オプションを無効にします。