Cloud Code for Cloud Shell を使用して Cloud Run サービスをデプロイする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

サンプルの Hello World アプリケーションを設定して Cloud Run にデプロイし、ライブサービスのリソースのステータスを表示する方法について学習します。


このタスクを Cloud Shell エディタで直接行う際の順を追ったガイダンスについては、[ガイドを表示] をクリックしてください。

ガイドを表示


以降のセクションでは、[ガイドを表示] をクリックした場合と同じ手順について説明します。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  4. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  5. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

アプリケーションを作成する

  1. Cloud Shell エディタを起動する
  2. Cloud Code のステータスバーで [New Application] を選択します。
  3. 希望するアプリケーションタイプとして [Cloud Run application] を選択します。
  4. サンプル アプリケーションのリストから、Hello World アプリを選択します。たとえば、Python (Flask): Hello World を選択すると、スターターの Python(Flask)Hello World アプリが作成されます。
  5. アプリケーションの場所としてフォルダを選択し、[Create New Application] をクリックします。Cloud Shell エディタは、新しいワークスペースにアプリケーションを読み込みます。ワークスペースが読み込まれると、エクスプローラ ビューでアプリにアクセスできるようになります。

Cloud Run へのデプロイ

アプリケーションを Cloud Run にデプロイするには:

  1. コマンド パレット(Ctrl/Cmd+Shift+P でアクセス可能)を使用して [Deploy to Cloud Run] コマンドを選択します。 これで Cloud Run Deploy UI が表示されます。
  2. プロンプトが表示されたら、Cloud Code に Google Cloud APIs の呼び出しを認可します。
  3. Google Cloud プロジェクトを設定します。
  4. プロンプトが表示されたら、[API を有効にする] をクリックして Cloud Run API を有効にします。
  5. [Cloud Run へのデプロイ] ダイアログで、既存のサービスを選択するか、新しいサービスを作成します。
  6. 新しいサービスを作成する場合は、[Deployment Platform] で [Cloud Run (fully managed)] を選択します。
  7. デプロイ先のリージョンを選択します。
  8. 認証を行う際に、[未認証の呼び出しを許可する] を選択してこのサービスを一般公開します。
  9. 必要な設定を定義した後で、[Deploy] をクリックします。 これにより、Cloud Code がイメージをビルドしてレジストリに push し、アプリを Cloud Run にデプロイします。サービスが公開されます。
  10. [Cloud Run: Deploy] ダイアログに表示された URL に従って、実行中のサービスを表示します。

サービスを編集する

アプリケーションを編集するには:

  1. エクスプローラ ビューで、サービスの動作を実装する app.py ファイルを探します。
  2. 「実行中」というメッセージを、選択するメッセージに変更します。
  3. この変更を行ったら、コマンド パレットを使用して [Cloud Run へのデプロイ] コマンドを選択します。
  4. 作成したサービスが [Service Settings] で選択されていることを確認します。
  5. [デプロイ] をクリックします。
  6. アプリケーションのビルドとデプロイが完了したら、サービスを更新すると、更新されたメッセージを確認できます。

ログを表示

Cloud Code に付属のログビューアを使用して、デプロイしたアプリケーションのログを表示することもできます。

ログを表示するには:

  1. Cloud Run Explorer を開くには、 [Cloud Code - Cloud Run] をクリックします。
  2. Cloud Run サービスを右クリックし、さらに [ログを表示] をクリックします。
  3. ブラウザでアプリを更新し、「Logs refresh」ボタンをクリックして、生成された新しいログを確認します。

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud コンソールで、[リソースの管理] ページに移動します。

    [リソースの管理] に移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。

既存のプロジェクトを使用していて、このクイックスタート用に作成したリソースを削除する場合は、次の方法で削除できます。

次のステップ