クイックスタート: Cloud Code を使用した Cloud Run サービスのデプロイ

このページでは、Cloud Code の使用を開始する方法について説明します。

サンプル アプリケーションを使用して Cloud Run で実行される Hello World サービスを設定し、サービスを Cloud Run にデプロイして、ライブサービスのリソースのステータスを表示します。

Cloud Code を使用した新しい Cloud Run サービスの作成

このクイックスタートを Apple M シリーズのシリコンで実行する場合、アプリケーションのビルドには Cloud Build が使用されるため、料金が発生する場合があります。詳細については、Apple M シリーズ シリコンに対する Cloud Code のサポートをご覧ください。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud Run API を有効にします。

    API を有効にする

Cloud Code のインストール

Cloud Code for IntelliJ プラグインをインストールするには、以下の手順を行います。

  1. JetBrains IDE バージョン 2020.3 以降IntelliJ Ultimate / CommunityPyCharm Professional / CommunityWebStormGoLand など)がまだインストールされていない場合は、インストールします。

  2. Apple M シリーズ シリコンで Cloud Code を実行している場合は、Rosetta 2 をインストールします。 これにより、Cloud Code で kubectl をマネージド依存関係としてインストールできます。

    Rosetta 2 をインストールしない場合は、マネージド依存関係を無効にし([IntelliJ IDEA] > [設定] > [ツール] > [Cloud Code] > [依存関係])、依存関係のカスタム バージョンで説明されている手順に沿って、独自のARM バージョンの kubectl をインストールします。

  3. 依存関係をインストールします。

    • すべての Cloud Platform で、Docker クライアント(Docker レジストリで認証済み)がマシンの PATH にインストールされていることを確認します。(それぞれのフォルダが PATH 内のディレクトリの下に表示されます)。Docker がすでにインストールされているかどうかを確認するには、docker -v を実行します。
    • Cloud Code は、他の必要な依存関係を自動的にインストールします。
  4. IntelliJ IDEA(またはサポートされている JetBrains IDE)を開きます。

  5. IDE を開いたら、このページを更新します。

    下のボタンをクリックして、Cloud Code プラグインを直接インストールできるようになりました。

    ボタンをクリックすると、開いている IDE 内のインストール ダイアログが開きます。[OK] をクリックして Cloud Code を設定します。

サービスの作成

既存のサンプルを使用して新しいサービスを作成するには:

  1. IDE で [File] > [New Project] の順に開き、[Cloud Code: Cloud Run] を選択します。
  2. サンプル アプリケーションのプログラミング言語を選択し、[Next] をクリックします。既存のサンプルアプリのリストからサービスを作成する
  3. プロジェクトに名前を付けて、[Finish] をクリックします。

    Cloud Code によってサンプル アプリケーションのクローンが作成され、使用するために新しく作成したプロジェクトが開かれて、必要な Cloud Run 実行構成が作成されます。

  4. Java サンプル アプリケーションを選択した場合、プロンプトが表示されたら [Load Maven project] をクリックします。

    Maven ビルド スクリプトの検出通知 - [Load Maven Project]、[Skip]、[Help] を選択します

これで、Hello World サービスを実行できるようになりました。Cloud Code がファイルシステムの変更を監視するため、ほぼリアルタイムでサービスを編集して再実行できます。

Cloud Run へのサービスのデプロイ

サービスをデプロイするには、次の手順に沿って操作します。

  1. ナビゲーション バーの [Run/Debug configurations] セレクタから、自動的に作成された実行構成の [Cloud Run: Deploy] を選択します。

    このクイックスタートを Apple M シリーズのシリコンで実行している場合、アプリケーションは Cloud Build でビルドされます。Cloud Build の料金については、料金をご覧ください。

  2. [実行] アクションの実行アイコン をクリックします。[設定を編集] ウィンドウが表示されます。

  3. Google Cloud プロジェクト ID を設定します。

  4. デプロイ プラットフォームのリージョンを選択します。

    このクイックスタートでは、デフォルトのプラットフォーム オプションである「Cloud Run(フルマネージド)」を「Deployment Platform」として使用します。

  5. [実行] をクリックします。

  6. 出力ウィンドウに表示された URL を使用して、実行中のサービスを表示します。

  7. 出力ウィンドウに表示されるログ URL に沿って、サービスのステータス(指標、リビジョンの詳細など)を表示することもできます。

    Cloud Console でのサービスのステータスの表示

リソースのステータスの表示

実行中のサービス リソースのステータスを表示する方法は次のとおりです。

  1. Cloud Run Explorer に移動します。右側のサイドパネルからアクセスできます。

    右側のパネルでハイライト表示された Cloud Run Explorer タブ

  2. サービスまたは変更内容のプロパティを表示するには、エクスプローラでサービスまたはリビジョンをクリックします。

    サービスが選択され、そのプロパティが下に表示されている Cloud Run Explorer

  3. リビジョンのログを表示するには、リビジョンを右クリックして [View Cloud Logs] をクリックします。

    リビジョンを右クリックしてログを表示する

クリーンアップ

このクイックスタート用にプロジェクトを作成した場合は、不要な請求が発生しないようにするために削除してください。

  1. Google Cloud Console の [プロジェクト] ページに移動します。

    プロジェクト ページに移動

  2. このクイックスタート用に作成したプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。

    プロジェクトがシャットダウンし、プロジェクト削除のスケジュールが決定されます。

既存のプロジェクトを使用していて、このクイックスタート用に作成したリソースを削除する場合は、次の方法で削除できます。

次のステップ

サポートの利用

IntelliJ IDE でフィードバックを送信するか、問題を報告するには、[Tools] > [Cloud Code] > [Help / About] > [Submit feedback or report an issue] を選択します。ここから、GitHub で問題を報告したり、Stack Overflow で質問したりできます。

また、Google Cloud Slack コミュニティの 1 つである、#cloud-code チャンネルにも参加できます。