クイックスタート: プライベート プール

このページでは、サービス プロデューサー ネットワークに接続される Cloud Build プライベート プールを作成し、プライベート プールでビルドを実行する方法について説明します。

サービス プロデューサー ネットワークは、プライベート プールをホストするネットワークです。デフォルトでは、プライベート プールは、サービス プロデューサー ネットワークを使用するように設定されており、ビルド環境に以下を提供します。

  • 構成可能なマシンタイプ
  • 構成可能なディスクサイズ
  • 公共のインターネット内のリソース(リポジトリやレジストリ内のリソースなど)にアクセスする

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud Build API を有効にします。

    API を有効にする

  5. Cloud SDK をインストールして初期化します。
  6. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  7. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  8. Cloud Build API を有効にします。

    API を有効にする

  9. Cloud SDK をインストールして初期化します。

プライベート プールの作成

  1. Google Cloud Console で [Cloud Build ワーカープール] タブを開きます。

    [Cloud Build ワーカープール] タブを開く

  2. プロジェクトを選択し、[開く] をクリックします。

  3. [作成] をクリックします。

  4. [プライベート プールの作成] パネルに、次の設定を入力します。

    1. [名前] フィールドに「my-first-workerpool」と入力します。

    2. [リージョン] フィールドに、us-central1 を選択します。

    3. [マシンタイプ] フィールドで e2-standard-2 を選択します。

    4. [ディスクサイズ] フィールドに「800」と入力します。

    5. [ネットワーク プロジェクト番号] フィールドは空欄のままにしておきます。

    6. [ネットワーク] フィールドは空欄のままにしておきます。

    7. [外部 IP を割り当てる] が選択されていることを確認します。

  5. [作成] をクリックして、プライベート プールを作成します。

プライベート プールが作成されるまで、しばらくお待ちください。プライベート プールが作成されると、[ワーカープール] タブに一覧表示されます。

プライベート プール ページのスクリーンショット

プライベート プールでのビルドの実行

  1. ターミナル ウィンドウを開きます。

  2. quickstart-private-pool という名前で新しいディレクトリを作成し、そのディレクトリに移動します。

    mkdir quickstart-private-pool
    cd quickstart-private-pool
    
  3. 次の内容のファイルを cloudbuild.yaml という名前で作成します。

    steps:
    - name: 'bash'
      args: ['echo', 'I am running in a private pool!']
    options:
      pool:
        name: 'projects/$PROJECT_ID/locations/us-central1/workerPools/my-first-workerpool'
    
  4. ビルド構成ファイルを使用してビルドを開始します。

    gcloud builds submit
    

ビルドが完了すると、次のような出力が表示されます。

I am running in a private pool!
PUSH
DONE
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------     ------------------------------------------------------------------------

ID                                    CREATE_TIME                DURATION  SOURCE                                                                                       IMAGES  STATUS
5df45735-6414-40b7-9e10-e6d2023c8cea  2020-08-31T13:16:18+00:00  10S       gs://private-pool-test_cloudbuild/source/1598879777.206444-    58901ecbd14e431f8cdacc85d5dd0fc3.tgz  -       SUCCESS

ビルドの詳細を表示

  1. Cloud Console の [ビルド履歴] ページを開きます。

    Cloud Build ページを開く

  2. プロジェクトを選択し、[開く] をクリックします。

  3. [リージョン] プルダウン ボックスで、[us-central1] を選択します。

    プライベート プールに実行したビルドが表示されます。

    プライベート プール ページのスクリーンショット

  4. ビルドをクリックすると、ビルドのサマリーやアーティファクトなど、ビルドの詳細が表示されます。

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

  1. Cloud Console で [ワーカープール] ページを開きます。

    Cloud Build プライベート プール ページを開く

  2. プロジェクトを選択し、[開く] をクリックします。

  3. プライベート プールの行で、ゴミ箱アイコンをクリックします。

  4. [プライベート プールを削除しますか?] ポップアップ ボックスで [削除] をクリックします。

これで、このクイックスタートで作成したプライベート プールが削除されました。

次のステップ