ソフトウェア セキュリティの未来を形作るために、2021 年の State of DevOps アンケートに参加して、あなたの声を聞かせてください。

設定の概要

このページでは、ご使用の環境で Binary Authorization を設定する方法の概要について説明します。Binary Authorization は、Google Cloud Console または gcloud コマンドを使用して設定できます。いくつかの設定手順は Binary Authorization REST API でも実行できます。

以下のセットアップ手順を含むエンドツーエンドのチュートリアルについては、CLI で使ってみるまたは Console で使ってみるをご覧ください。

設定手順

Binary Authorization を設定するには:

  1. Binary Authorization を有効にします
  2. Binary Authorization を有効にしたクラスタを作成する
  3. CLI または Google Cloud Console を使用して、デプロイ可能なコンテナを制限するポリシーを構成する
  4. コンテナ イメージがデプロイされる前に必要なプロセスが完了していることを証明できる認証者を CLI または Google Cloud Console で作成する