標準 SQL のハッシュ関数

FARM_FINGERPRINT

FARM_FINGERPRINT(value)

説明

オープンソースの FarmHash ライブラリFingerprint64 関数を使用して、STRING または BYTES 入力のフィンガープリントを計算します。特定の入力に対して、この関数の出力が変わることはありません。

戻り値の型

INT64

WITH example AS (
  SELECT 1 AS x, "foo" AS y, true AS z UNION ALL
  SELECT 2 AS x, "apple" AS y, false AS z UNION ALL
  SELECT 3 AS x, "" AS y, true AS z
)
SELECT
  *,
  FARM_FINGERPRINT(CONCAT(CAST(x AS STRING), y, CAST(z AS STRING)))
    AS row_fingerprint
FROM example;
+---+-------+-------+----------------------+
| x | y     | z     | row_fingerprint      |
+---+-------+-------+----------------------+
| 1 | foo   | true  | -1541654101129638711 |
| 2 | apple | false | 2794438866806483259  |
| 3 |       | true  | -4880158226897771312 |
+---+-------+-------+----------------------+

MD5

MD5(input)

説明

MD5 アルゴリズムを使用して、入力のハッシュを計算します。入力は STRING または BYTES のいずれかです。文字列の場合、入力はバイトの配列として扱われます。

この関数は 16 バイトを返します。

戻り値の型

BYTES

SELECT MD5("Hello World") as md5;

-- Note that the result of MD5 is of type BYTES, displayed as a base64-encoded string.
+--------------------------+
| md5                      |
+--------------------------+
| sQqNsWTgdUEFt6mb5y4/5Q== |
+--------------------------+

SHA1

SHA1(input)

説明

SHA-1 アルゴリズムを使用して入力のハッシュを計算します。入力は STRING または BYTES のいずれかです。文字列の場合、入力はバイトの配列として扱われます。

この関数は 20 バイトを返します。

戻り値の型

BYTES

SELECT SHA1("Hello World") as sha1;

-- Note that the result of SHA1 is of type BYTES, displayed as a base64-encoded string.
+------------------------------+
| sha1                         |
+------------------------------+
| Ck1VqNd45QIvq3AZd8XYQLvEhtA= |
+------------------------------+

SHA256

SHA256(input)

説明

SHA-256 アルゴリズムを使用して、入力のハッシュを計算します。入力は STRING または BYTES のいずれかです。文字列の場合、入力はバイトの配列として扱われます。

この関数は 32 バイトを返します。

戻り値の型

BYTES

SELECT SHA256("Hello World") as sha256;

SHA512

SHA512(input)

説明

SHA-512 アルゴリズムを使用して、入力のハッシュを計算します。入力は STRING または BYTES のいずれかです。文字列の場合、入力はバイトの配列として扱われます。

この関数は 64 バイトを返します。

戻り値の型

BYTES

SELECT SHA512("Hello World") as sha512;