データとファイルの保存について

App Engine から、Google Cloud Platform の他のサービス(Cloud DatastoreCloud SQLCloud Storage など)に簡単にアクセスできます。また、アプリケーションで使用するデータベースを他のさまざまなクラウド データベースやサードパーティのデータベースの中から選ぶこともできます。

外部データベースについては、ご使用の言語でサポートされていて、App Engine インスタンスからアクセスできれば、どのデータベースでも使用できます。これらのサードパーティ データベースは、別のクラウド プロバイダでホストされていても、オンプレミスでホストされていても、あるいはサードパーティのベンダーが管理していてもかまいません。

静的コンテンツの提供方法については、静的ファイルの提供をご覧ください。

Google Cloud Platform のストレージ サービス

App Engine アプリのパフォーマンスの観点から、GCP でホストされるデータベース サービスのいずれかをご利用になることをおすすめします。

Google Cloud Platform のストレージ サービスを App Engine で利用する方法については、以下のチュートリアルをご覧ください。

GCP のストレージ プロダクトの一覧は、Cloud Storage サービスのページにあります。

他のクラウド プロバイダ

App Engine アプリが、他のパブリック クラウドでホストされている外部データベースにアクセスするためには、そのデータベース サーバーと利用者側のファイアウォールが接続を受け入れるように正しく構成されている必要があります。App Engine アプリは、その外部サービスのパブリック IP アドレスを使用してインターネット経由でデータベースに接続します。

サードパーティ ベンダーが管理するデータベース

MongoDB 対応の mLab のようなマネージド型のデータベース サービスを数多くのベンダーが提供しており、特に Redis Labs はホスト型の Redis キャッシュを提供しています。これらのベンダーは、データベースのホスティング、構成、メンテナンスを実施します。App Engine は、これらの外部サービスにインターネット経由で接続でき、その際、他のパブリック クラウドと同様にサービスの IP アドレスを使用してアクセスします。

オンプレミス

オンプレミスの既存のデータベースを App Engine アプリから利用する場合は、内部ネットワークとファイアウォールを構成してデータベースにパブリック IP アドレスを提供するか、あるいは VPN を利用して接続します。

Cloud VPN をセットアップすると、データベース サーバーを一般のインターネットに直接公開しなくても、App Engine アプリからオンプレミスのネットワークにアクセスできます。App Engine と Compute Engine は同じネットワーク インフラストラクチャを利用しているので、VPN 接続で App Engine アプリとオンプレミスのデータベースとの間の接続を、データベース サーバーの内部 IP アドレスを使用して確立できます。

本番環境に関する考慮事項

App Engine は、さまざまな指標に基づいて、自動的にアプリケーションを水平スケールするよう設定できます。ウェブ アプリケーションとは異なり、データベースはスケールに対応するには、大規模な変更が必要となることがよくあります。本番環境のアプリケーションでは、トラフィックが急増すると、App Engine からのデータ量がデータベースの容量を急激に上回る場合があります。データベースを構成してデプロイするとき、予想平均トラフィックの負荷とトラフィック急増時の負荷を考慮する必要があります。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Node.js 用 App Engine スタンダード環境に関するドキュメント