ローカル開発用サーバー オプション

使用方法:

dev_appserver.py [options] yaml_path [files...]

場所引数 yaml_path は 1 つ以上の app.yaml ファイル、モジュールあたり 1 つずつ指定します。

オプション、型の完全なリストはこちらです。

dev_appserver.py -h

最も一般的なオプションについては、ここで説明されています。

--admin_host=ADMIN_HOST
ローカル開発コンソールがバインドするホスト名(デフォルト: localhost)
--admin_port=ADMIN_PORT
ローカル開発コンソールがバインドするポート(デフォルト: 8000)
--enable_sendmail=yes|no
メール メッセージの送信にローカル コンピュータの Sendmail のインストールを使用します。
--help
役に立つメッセージを印刷し、終了します。
--host=...
サーバーに使用するホスト アドレス。ネットワーク上の別のコンピュータから開発用サーバーにアクセスできるようにするために、この設定が必要になることがあります。アドレスを 0.0.0.0 にすると、localhost アクセスとホスト名アクセスの両方が可能になります。デフォルトは、localhost です。
--log_level=...
指定されたログレベルまたはそれより高いレベルのコンソール メッセージにログメッセージが書き込まれるログの最低レベルが出力されます。可能な値は debuginfowarningerrorcritical です。
--port=...
サーバーに使用するポート番号。デフォルト値は 8080 です。複数のサーバーが起動されると、後続のポートが割り当てられます(例:. 80818082 など)。
--logs_path=...
デフォルトでは、開発用サーバーログはメモリにのみ保存されます。このオプションは、指定されたパスでリクエストログをファイルに保存し、サーバーの再起動でログが利用できるようにします。例: --logs_path=/home/logs/boglogs.
--require_indexes=yes|no
index.yaml ファイル内のエントリの自動生成を無効にします。代わりに、アプリケーションはインデックスがファイルで定義されることを要求するクエリを行い、インデックス定義が見つからない場合、App Engine で実行時に起こることと同様に、例外が発生されます。デフォルト値は no です。
--smtp_host=...
メール メッセージの送信に使用する SMTP サーバーのホスト名。
--smtp_port=...
メール メッセージの送信に使用する SMTP サーバーのポート番号。
--smtp_user=...
メール メッセージの送信に使用する SMTP サーバーのユーザー名。
--smtp_password=...
メール メッセージの送信に使用する SMTP サーバーのパスワード。
--storage_path=...
--datastore_path--blobstore_path--logs_path によりオーバーライドされない限り、すべてのローカル ファイル(Datastore、Blobstore のファイル、Google Cloud Storage ファイル、ログなど)が保存されるパス。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Go の App Engine スタンダード環境