vSphere の要件

GKE On-Prem は vSphere 6.5 または 6.7 Update 3 環境のデータセンターで動作します。このトピックでは、ストレージ、CPU、RAM、仮想ネットワークを含む vSphere 環境の要件について説明します。

ハードウェアの要件

GKE On-Prem は、VMware ESXi ハイパーバイザを実行する一連の物理ホストで実行されます。ESXi のハードウェア要件については、ESXi ハードウェア要件をご覧ください。

vSphere の要件

vSphere は VMware のサーバー仮想化ソフトウェアです。GKE On-Prem は VMware の vCenter Server を使用してクラスタを管理します。vSphere と vCenter Server のインストールについて詳しくは、VMware ドキュメントの vSphere のインストールと設定プロセスの概要をご覧ください。

ライセンス エディションとバージョンの要件

GKE On-Prem には、VMware vSphere 6.5 または 6.7 Update 3 が必要です。次の VMware ライセンスが必要です。

  • vSphere Enterprise Plus または vSphere Standard のライセンス。VMware Distributed Resource Scheduler(DRS)を有効にできるため、Enterprise Plus ライセンスをおすすめします。DRS を有効にすると、VMware は自動的にデータセンター内の物理ホスト間で GKE On-Prem クラスタノードを分散します。

    バージョン GKE On-Prem 1.1 以降では、DRS がデフォルトで有効になっています。そのため、Standard ライセンスを使用するには、DRS を明示的に無効にする必要があります。

    このライセンスに加えて、少なくとも 1 年間はサポート サブスクリプションを購入する必要があります。

  • vCenter Server Standard ライセンス。

    このライセンスに加えて、少なくとも 1 年間はサポート サブスクリプションを購入する必要があります。 VMware の価格設定ページの VMware vCenter Server Editions をご覧ください。

vCenter ユーザー アカウントの権限

vCenter でカスタムロールを定義することも、GKE On-Prem クラスタ管理者やそのクラスタ上で開発するユーザーを含む、組織のさまざまなユーザーに vCenter システムロールを使用することもできます。

GKE On-Prem のインストールに使用する vCenter ユーザー アカウントには、十分な権限が必要です。たとえば、vCenter の管理者のロールが割り当てられたユーザー アカウントには、すべての vCenter オブジェクトに対する完全なアクセス権限があり、GKE On-Prem クラスタ管理者に完全アクセス権を付与できます。

他の vCenter ユーザー アカウントには、カスタムロールを作成して、クラスタのユーザーに必要な権限を割り当てます。

  • 次の表を使用して、GKE On-Prem クラスタ ユーザーに必要な最小限の権限の組み合わせを理解してください。
  • 管理者権限を持つユーザー アカウントでは、次のコマンドを使用してカスタム vCenter ロールを作成し、そのロールに必要な最小限の権限を定義して、そのカスタムロールを既存の vCenter ユーザー アカウントに割り当てることができます。

権限を管理する方法については、vCenter コンポーネントの権限の管理をご覧ください。

フォルダを使用した vCenter ユーザー アカウントの権限

GKE On-Prem バージョン 1.4 以降では、VM イメージとテンプレートをグローバル データセンター フォルダではなく、別の VM フォルダに配置できます。これは、管理クラスタ構成の v1 形式でのみサポートされます。

管理クラスタの構成ファイルで、folder という新しいキーを作成します。folder の値を、この GKE On-Prem のデプロイに使用する vCenter フォルダの名前に設定します。ユーザー クラスタは自動的にフォルダを継承します。ユーザー クラスタの構成ファイルでフォルダを指定しないでください。

folder キーが指定されていないか、値が空の場合、最上位のデータセンター VM フォルダが使用されます。他の vCenter リソースと同様に、デプロイ前に適切な権限でフォルダを作成する必要があります。

たとえば、デプロイメントの admin-cluster.yaml で次のように指定します。

apiVersion: v1
kind: AdminCluster
#...
vCenter:
  address: mtv-example-vc01.anthos
  datacenter: mtv-example-vc01
  cluster: admin-permissions
  resourcePool: example-cluster-resourcepool
  datastore: example-cluster-datastore
  # insert the following new line with the path to the vcenter folder here.
  folder: my-vm-folder

フォルダ使用時の権限の設定

バージョン 1.4 より前の GKE On-Prem では、vCenter クラスタ全体に一連の権限を適用する必要がありました。構成は簡単ですが、これらの権限は GKE On Prem vCenter ユーザーを十分に制限していません。GKE On-Premises 1.4 では権限のセットが同じままですが、前述のとおり、デプロイ用にフォルダが指定されている場合、これらの権限をより小さなオブジェクト セットに適用できるようになりました。

以下は、一連のロールとその権限、ロールを適用する必要があるオブジェクトです。「(recursively)」とマークされたエントリは Propagate フィールドを true に設定して適用する必要があります。そのため、権限はすべての子オブジェクトに継承されます。

ロール: ClusterEditor

説明: DRS ルールをクラスタと読み取り専用権限に適用する

オブジェクト: $VCenter.Cluster(recursively)

権限: System.Read System.View System.Anonymous Host.Cluster.EditCluster

ロール: SessionValidator

説明: 既存の VCenter セッションと読み取り専用権限を検証する

オブジェクト: $VCenter.Root

権限: System.Read System.View System.Anonymous Session.ValidateSessions

ロール: ReadOnly

説明: オブジェクトの列挙を可能にする組み込みのロール

オブジェクト: $VCenter.Datacenter(recursively), $VCenter "VM Network"

権限: System.Read System.View System.Anonymous

ロール: Anthos

説明: クラスタのデプロイ、管理、モニタリングに必要な権限のセット。このロールは、GKE OnPrem 1.3 以前の VCenter 環境全体に適用された権限のセットを表します。

オブジェクト: $VCenter.Datastore(recursively)、$VCenter.ResourcePool(recursively)、$VCenter.Folder(recursively)、$VCenter.Network(recursively)

既知の問題: vSphere データディスクの作成時にインストーラが失敗する

(問題 ID 156233307)

カスタムロールが誤った権限レベルでバインドされている場合は、GKE On-Prem インストーラが失敗する可能性があります。

ロール バインディングが間違っていると、vSphere データディスクの作成で govc がハングし、0 サイズのディスクが作成されます。この問題を解決するには、vSphere vcenter レベル(root)でカスタムロールをバインドします。

DC レベル(またはルートよりも低いレベル)でカスタムロールをバインドする場合は、ルート vCenter レベルで読み取り専用ロールをユーザーにバインドする必要があります。

ロールの作成の詳細については、vCenter ユーザー アカウント権限をご覧ください。

管理ワークステーション、管理クラスタ、ユーザー クラスタのリソース要件

GKE On-Prem の初回インストールの間に作成する仮想マシンのニーズを満たすのに十分なストレージ、CPU、RAM のリソースを、データセンターの物理 ESXi ホストで提供する必要があります。また、データセンターは、Prometheus と Google Cloud のオペレーション スイートによって作成された PersistentVolumeClaims(PVC)を満たすのに十分な仮想ディスク容量を提供する必要があります。

GKE On-Prem の初回インストールでは、次のリソースが必要です。

  • 36 個の vCPU
  • 98,241 MB RAM
  • 2,280 GB の仮想ディスク容量

リソース要件の詳細については、CPU、RAM、ストレージの要件をご覧ください。