クイックスタート

このクイックスタートでは、以下の処理を順に行います。

  • Cloud Storage のバケットを作成する
  • 画像を Cloud Storage にアップロードして公開する
  • その画像を Vision API にリクエストに指定して送信する

これらの手順を行うための所要時間は約 5 分です。Cloud Storage には 5GB まで無料でデータを格納でき、1 か月に Vision API に機能リクエストを 1000 回まで無料で行うことができます。

始める前に

まだ、プロジェクトを設定しておらず、Google Cloud Storage バケットを作成していない場合は、次の説明に沿ってこれらの作業を行います。

プロジェクトを設定する

  1. Google アカウントへのログイン

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. In Cloud Platform Console で、[プロジェクト] ページに移動し、新しいプロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクト] ページに移動

  3. プロジェクトの課金を有効にします。

    課金の有効化

  4. Cloud Vision API を有効にする。

    Enable the API

    API を有効にすると、認証情報を得る必要はありません。

Cloud Storage バケットを作成する

  1. Cloud Platform Console で、Cloud Storage ブラウザに移動します。

    Cloud Storage ブラウザに移動する

  2. [バケットを作成] をクリックします。
  3. [バケットを作成] ダイアログ内で、以下の属性を指定します。
    • 名前: 一意のバケット名。バケットの名前空間は、全世界で、誰もが見られるようになっていますので、機密情報をバケット名に含めないようにしてください。
    • Storage クラス: Standard
    • バケットデータが保存される場所。
  4. [作成] をクリックします。

Cloud Vision API サービスへのリクエストを行う

  1. demo-image.jpg をダウンロードします。(リンクを右クリックする必要があることがあります)。

  2. Cloud Platform Console Storage ブラウザを開き、バケットを選択して [ファイルをアップロード] をクリックし、demo-image.jpg ファイルをローカルマシンから Cloud Storage バケットにアップロードします。

    これがアップロードした画像ファイルです。

  3. ファイルがアップロードされ、Cloud Storage ブラウザに一覧表示されたら、一覧の右側の列にある Public link ボックスをクリックして画像を公開します。

  4. 以下の対話式 API Explorer テンプレートで、image.source.imageUri フィールドの bucket を、demo-image.jpg ファイルのアップロード先に指定した Cloud Storage バケットの名前で置き換えます。

  5. [実行] をクリックして、リクエストをサービスに送信します。すぐに(通常、1 秒もかかりません)、JSON レスポンスが上に表示されます。

これで、Cloud Vision API サービスへの最初の images.annotate リクエストを実行しました。

クリーンアップ

この Cloud Storage バケット(およびプロジェクト)が必要でない場合は、Google Cloud Platform の不要な請求を避けるために、Cloud Platform Console を使用して削除します。

次のステップ

フィードバックを送信...

Google Cloud Vision API ドキュメント