Go 用の Cloud Trace の設定

Go アプリケーション用の Cloud Trace を有効にするには、OpenCensus を使用します。OpenCensus は、複数のバックエンドで機能するトレースと指標データを収集するための、一連のインストゥルメンテーション ライブラリです。Go 用の OpenCensus の最新情報と追加のドキュメントと例については、opencensus-go をご覧ください。

パッケージのインストール

OpenCensus トレース パッケージを取得します。

go get -u go.opencensus.io/trace

Stackdriver エクスポータの構成

収集したデータをエクスポートするには、Stackdriver エクスポータを使用します。


import (
	"log"
	"os"

	"contrib.go.opencensus.io/exporter/stackdriver"
	"go.opencensus.io/trace"
)

func main() {
	// Create and register a OpenCensus Stackdriver Trace exporter.
	exporter, err := stackdriver.NewExporter(stackdriver.Options{
		ProjectID: os.Getenv("GOOGLE_CLOUD_PROJECT"),
	})
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
	trace.RegisterExporter(exporter)
}

GO用のクライアント ライブラリは Google Cloud メタデータ サーバーからこのデータを自動的に収集するため、Google Cloud インフラストラクチャ上で実行している場合、ProjectID フィールドを Google Cloud プロジェクト ID に設定する必要はありません。

Google Cloud インフラストラクチャで実行していない場合は、ProjectID フィールドを Google Cloud プロジェクト ID に設定する必要があります。このサンプルコードでは、環境変数が使用され、この変数を読み取るようにアプリケーションが変更されています。

Cloud Logging との統合の構成

Cloud Trace データを Cloud Logging に送信する方法については、Cloud Logging との統合をご覧ください。

プラットフォームの構成

Cloud Trace は Google Cloud と他のプラットフォームで使用できます。

Google Cloud での実行

アプリケーションが Google Cloud で実行されている場合、認証情報をサービス アカウントの形式でクライアント ライブラリに提供する必要はありません。ただし、Google Cloud Platform で Cloud Trace API のアクセス スコープが有効になっている必要があります。

次の構成では、デフォルトのアクセス スコープ設定により Cloud Trace API が有効化されます。

  • App Engine フレキシブル環境
  • App Engine スタンダード環境

  • Google Kubernetes Engine(GKE)

  • Compute Engine

カスタム アクセス スコープを使用する場合は、Cloud Trace API のアクセス スコープを有効にする必要があります。gcloud ユーザーの場合は、--scopes フラグを使用してアクセス スコープを指定し、trace.append Cloud Trace API アクセス スコープを含めます。たとえば、Cloud Trace API のみを有効にして GKE クラスタを作成するには、次のようにします。

gcloud container clusters create example-cluster-name --scopes=https://www.googleapis.com/auth/trace.append

ローカルやその他の場所での実行

アプリケーションが Google Cloud の外部で実行されている場合は、認証情報をサービス アカウントの形式でクライアント ライブラリに提供する必要があります。サービス アカウントには Cloud Trace エージェント ロールが含まれている必要があります。手順については、サービス アカウントの作成をご覧ください。

Google Cloud クライアント ライブラリは、アプリケーションのデフォルト認証情報(ADC)を使用してアプリケーションの認証情報を検索します。GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数を設定することにより、これらの認証情報を指定します。

Linux / macOS

    export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=path-to-your-service-accounts-private-key

Windows

    set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=path-to-your-service-accounts-private-key

PowerShell:

    $env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="path-to-your-service-accounts-private-key"

Go 用 Trace のサンプル アプリケーション


// Sample trace_quickstart traces incoming and outgoing requests.
package main

import (
	"log"
	"net/http"
	"os"

	"contrib.go.opencensus.io/exporter/stackdriver"
	"contrib.go.opencensus.io/exporter/stackdriver/propagation"
	"go.opencensus.io/plugin/ochttp"
	"go.opencensus.io/trace"
)

func main() {
	// Create and register a OpenCensus Stackdriver Trace exporter.
	exporter, err := stackdriver.NewExporter(stackdriver.Options{
		ProjectID: os.Getenv("GOOGLE_CLOUD_PROJECT"),
	})
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
	trace.RegisterExporter(exporter)

	// By default, traces will be sampled relatively rarely. To change the
	// sampling frequency for your entire program, call ApplyConfig. Use a
	// ProbabilitySampler to sample a subset of traces, or use AlwaysSample to
	// collect a trace on every run.
	//
	// Be careful about using trace.AlwaysSample in a production application
	// with significant traffic: a new trace will be started and exported for
	// every request.
	trace.ApplyConfig(trace.Config{DefaultSampler: trace.AlwaysSample()})

	client := &http.Client{
		Transport: &ochttp.Transport{
			// Use Google Cloud propagation format.
			Propagation: &propagation.HTTPFormat{},
		},
	}

	handler := http.HandlerFunc(func(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
		req, _ := http.NewRequest("GET", "https://www.google.com", nil)

		// The trace ID from the incoming request will be
		// propagated to the outgoing request.
		req = req.WithContext(r.Context())

		// The outgoing request will be traced with r's trace ID.
		resp, err := client.Do(req)
		if err != nil {
			log.Fatal(err)
		}
		// Because we don't read the resp.Body, need to manually call Close().
		resp.Body.Close()
	})
	http.Handle("/foo", handler)

	port := os.Getenv("PORT")
	if port == "" {
		port = "8080"
	}
	log.Printf("Listening on port %s", port)

	// Use an ochttp.Handler in order to instrument OpenCensus for incoming
	// requests.
	httpHandler := &ochttp.Handler{
		// Use the Google Cloud propagation format.
		Propagation: &propagation.HTTPFormat{},
	}
	if err := http.ListenAndServe(":"+port, httpHandler); err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
}

トレースの表示

デプロイ後は、Cloud Console Trace Viewer でトレースを表示できます。

Trace Viewer のページに移動

トラブルシューティング

Cloud Trace に関する問題のトラブルシューティングについては、トラブルシューティング ページをご覧ください。

リソース