CTS クライアント ライブラリ

このページでは、Cloud Talent Solution API の Cloud クライアント ライブラリの使用を開始する方法を説明します。以前の Google API クライアント ライブラリをはじめ、Cloud API のクライアント ライブラリの詳細については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

他の言語のクライアント ライブラリも近日中に提供予定です。

クライアント ライブラリのインストール

C#

詳細については、C# 開発環境の設定をご覧ください。

Visual Studio 2017 以降を使用している場合は、Nuget パッケージ マネージャーのウィンドウを開き、次のように入力します。

Install-Package Google.Apis

.NET Core コマンドライン インターフェースを使用して依存関係をインストールしている場合は、次のコマンドを実行します。

dotnet add package Google.Apis

Go

詳細については、Go 開発環境の設定をご覧ください。

go get -u cloud.google.com/go/talent/apiv4beta1

Java

詳細については、Java 開発環境の設定をご覧ください。

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>23.1.0</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-talent</artifactId>
  </dependency>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

implementation platform('com.google.cloud:libraries-bom:23.1.0')

implementation 'com.google.cloud:google-cloud-talent'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-talent" % "2.2.1"

Visual Studio Code、IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインでプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

詳細については、Node.js 開発環境の設定をご覧ください。

npm install @google-cloud/talent

PHP

詳細については、Google Cloud での PHP の使用をご覧ください。

composer require google/apiclient

Ruby

詳細については、Ruby 開発環境の設定をご覧ください。

gem install google-api-client

認証の設定

クライアント ライブラリを実行するには、まず認証を設定する必要があります。これを行う 1 つの方法は、次のようにサービス アカウントを作成して環境変数を設定することです。その他の認証方法については、サービス アカウントとして認証するをご覧ください。

Cloud Console

サービス アカウントを作成します。

  1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントの作成] に移動
  2. プロジェクトを選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

    [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

  4. [作成して続行] をクリックします。
  5. [ロールを選択] フィールドをクリックします。

    [クイック アクセス] で [基本]、[オーナー] の順にクリックします。

  6. [続行] をクリックします。
  7. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

    ブラウザ ウィンドウは閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

サービス アカウント キーを作成します。

  1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
  2. [キー] をクリックします。
  3. [鍵を追加]、[新しい鍵を作成] の順にクリックします。
  4. [作成] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
  5. [閉じる] をクリックします。

コマンドライン

ローカルマシン上の Cloud SDK を使用するか、または Cloud Shell 内で以下のコマンドを実行できます。

  1. サービス アカウントを作成します。NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create NAME
  2. サービス アカウントに権限を付与します。PROJECT_ID を実際のプロジェクト ID に置き換えます。

    gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member="serviceAccount:NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com" --role="roles/owner"
  3. キーファイルを生成します。FILE_NAME はキーファイルの名前に置き換えてください。

    gcloud iam service-accounts keys create FILE_NAME.json --iam-account=NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com

環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を設定して、アプリケーション コードに認証情報を指定します。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

Linux または macOS

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="/home/user/Downloads/service-account-file.json"

Windows

PowerShell の場合:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="C:\Users\username\Downloads\service-account-file.json"

コマンド プロンプトの場合:

set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=KEY_PATH

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

クライアント ライブラリの使用

次の例は、クライアント ライブラリの使用方法を示しています。

Go

import (
	"context"
	"fmt"
	"os"

	talent "cloud.google.com/go/talent/apiv4beta1"
	"google.golang.org/api/iterator"
	talentpb "google.golang.org/genproto/googleapis/cloud/talent/v4beta1"
)

func main() {
	projectID := os.Getenv("GOOGLE_CLOUD_PROJECT")

	// Initialize job search client.
	ctx := context.Background()
	c, err := talent.NewCompanyClient(ctx)
	if err != nil {
		fmt.Printf("talent.NewCompanyClient: %v", err)
		return
	}
	defer c.Close()

	// Construct a listCompany request.
	req := &talentpb.ListCompaniesRequest{
		Parent: "projects/" + projectID,
	}

	it := c.ListCompanies(ctx, req)

	for {
		resp, err := it.Next()
		if err == iterator.Done {
			fmt.Printf("Done.\n")
			break
		}
		if err != nil {
			fmt.Printf("it.Next: %v", err)
			return
		}
		fmt.Printf("Company: %v\n", resp.GetName())
	}
}

Java


import com.google.cloud.talent.v4beta1.Company;
import com.google.cloud.talent.v4beta1.CompanyServiceClient;
import com.google.cloud.talent.v4beta1.ListCompaniesRequest;
import com.google.cloud.talent.v4beta1.TenantName;
import java.io.IOException;

public class JobSearchListCompanies {

  public static void listCompanies() throws IOException {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String tenantId = "your-tenant-id";
    listCompanies(projectId, tenantId);
  }

  // List Companies.
  public static void listCompanies(String projectId, String tenantId) throws IOException {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (CompanyServiceClient companyServiceClient = CompanyServiceClient.create()) {
      TenantName parent = TenantName.of(projectId, tenantId);

      ListCompaniesRequest request =
          ListCompaniesRequest.newBuilder().setParent(parent.toString()).build();

      for (Company responseItem : companyServiceClient.listCompanies(request).iterateAll()) {
        System.out.format("Company Name: %s%n", responseItem.getName());
        System.out.format("Display Name: %s%n", responseItem.getDisplayName());
        System.out.format("External ID: %s%n", responseItem.getExternalId());
      }
    }
  }
}

Node.js

参考情報