主な用語

このページでは、Storage Transfer Service の概要とその仕組みを説明する際のコンセプトについて記します。

Storage Transfer Service は、Cloud Storage のデータを信頼し、そのデータの使用と保存を行います。Storage Transfer Service と Cloud Storage について詳しくは、Cloud Storage の主な用語をご覧ください。

データソース

データソースは、現在データが存在する場所です。データソースの例:

  • Amazon S3 バケット
  • Microsoft Azure Blob ストレージ コンテナ
  • その他の Cloud Storage バケット
  • コントロール内のファイル システム
  • HTTP / HTTPS の場所

転送元としてデータソースを使用します。

データシンク

データシンクは、データを転送する場所です。Storage Transfer Service を使用して転送を実施する場合、データシンクは Cloud Storage バケットになります。

転送オペレーション

転送オペレーションでは、データソースから Cloud Storage バケットにデータをコピーします。

転送ジョブ

転送ジョブは、1 つ以上の転送オペレーションをスケジュールして構成します。転送ジョブには、データソースから Cloud Storage バケットにデータを移動する 1 回限りのシンプルなジョブがあります。また、データソースから Cloud Storage への定期的な同期のような複雑なジョブもあります。

オンプレミス

オンプレミスとは、データソースが直接の管理下にあることを意味します。これらは、保守または管理を直接行うマシンです。マシンは、ローカルの建物内または管理するリモート データセンター内に設置されている場合があります。ログインしてマシンを直接制御できる限り、オンプレミスと見なされます。

エージェント

エージェントは、オンプレミス転送用に Docker コンテナの形式で提供するソフトウェアです。データの転送元の各マシンに 1 つ以上のエージェントをインストールして実行し、Google Cloud Console からエージェントを監視します。

サービス アカウント

サービス アカウントは、ユーザーではなく、アプリケーションや仮想マシン(VM)インスタンスで使用される特別なアカウントです。Storage Transfer Service は、Google が管理するサービス アカウントを使用して Cloud Storage リソースにアクセスします。サービス アカウントに Cloud Storage のソースまたは宛先バケットへのアクセスを許可すると、Storage Transfer Service によるデータ転送が可能になります。