ロールと権限

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Identity and Access Management(IAM)のロールと権限について説明します。また、Cloud SQL インスタンスでの使用方法について説明します。

はじめに

このページでは、特に Cloud SQL に関連する IAM の側面について説明します。IAM とその機能の詳細については、Identity and Access Management をご覧ください。特に、IAM ポリシーの管理に関するセクションをご覧ください。IAM を使用すると、Google Cloud プロジェクトのリソースにアクセスできるユーザーを制御できます。リソースに適用される一連のアクセスルールは、IAM ポリシーと呼ばれます。プロジェクトに適用される IAM ポリシーは、ユーザーがプロジェクト内のすべてのリソースに対して行うことができる操作を定義します。

IAM でのメンバーとは「誰」であるかを指します。メンバーは個々のユーザー、グループ、ドメイン、さらには一般大衆であることもあります。メンバーにはロールが割り当てられ、そのロールによってメンバーに Cloud SQL、および Google Cloud 全般での操作を実行する権限が付与されます。各ロールは、1 つ以上の権限をまとめたものです。権限は IAM の基本単位です。各権限により、特定の操作が許可されます。Cloud SQL で使用可能なロールと権限の一覧については、Cloud SQL の IAM ロールCloud SQL の IAM 権限をご覧ください。

アカウントを使用して Cloud SQL インスタンスに接続する場合は、アカウントに Cloud SQL > クライアントのロール(roles/cloudsql.client)が必要です。このロールには、接続に必要な権限が含まれています。

アカウントにロールを追加するには、Console で [IAM と管理] > [IAM] ページの順に移動します。ロールに含まれている権限を確認するには、[IAM と管理] > [ロール] の順に移動します。

Cloud SQL は、Cloud SQL と他の Google Cloud プロダクト間の認証にサービス アカウントを使用します。サービス アカウントは credentials を JSON 形式で提供します。これは Console からダウンロードし、さまざまなシナリオで認証に使用できます。

Cloud SQL Auth Proxy での Cloud SQL のロールと権限

Cloud SQL Auth Proxy を使用して Compute Engine インスタンスから Cloud SQL インスタンスに接続する場合は、Compute Engine インスタンスに関連付けられたデフォルトの Compute Engine サービス アカウントを使用できます。

Cloud SQL インスタンスに接続するその他のアカウントと同様に、サービス アカウントには Cloud SQL > クライアントのロールが必要です。

サーバーレス オプションを使用した Cloud SQL のロールと権限

これらのオプションからのアクセスを認可するには、サービス アカウントを使用します。サービス アカウントは、特定のプロジェクト内のすべての Cloud SQL へのアクセスを許可します。アプリケーションまたは Cloud Functions を作成すると、このサービスによってこのアカウントが作成されます。アカウントを確認するには、[IAM と管理] > [IAM] ページに移動して、該当するサフィックスを使用して検索します。

サーバーレス オプション サービス アカウントのサフィックス
App Engine @gae-api-prod.google.com.iam.gserviceaccount.com
Cloud Functions @appspot.gserviceaccount.com
Cloud Run compute@developer.gserviceaccount.com
Cloud SQL インスタンスに接続するその他のアカウントと同様に、サービス アカウントには Cloud SQL > クライアントのロールが必要です。

Cloud Storage での Cloud SQL のロールと権限

Cloud SQL のインポート機能とエクスポート機能は連携して動作します。エクスポートでは Cloud Storage への書き込みが行われ、インポートでは Cloud Storage からの読み取りが行われます。このため、これらのオペレーションに使用するサービス アカウントには、Cloud Storage に対する読み取り権限と書き込み権限の両方が必要です。

  • Cloud Storage にデータをインポートし、Cloud Storage からデータをエクスポートするには、Cloud SQL インスタンスのサービス アカウントにプロジェクトで設定された storage.objectAdmin IAM ロールが必要です。インスタンスのサービス アカウント名は、Google Cloud コンソールのインスタンスの [概要] ページで確認できます。
  • gsutil iam コマンドを使用して、バケットのサービス アカウントにこの IAM ロールを付与できます。
  • IAM ロールと権限の設定については、IAM 権限の使用をご覧ください。
  • 詳細については、Cloud Storage の IAM をご覧ください。

他のシナリオでの Cloud SQL のロールと権限

Cloud SQL は他の Google Cloud プロダクトやツールと連携します。これらの操作を行うには、シナリオによって異なる特定のロールと権限も必要です。Cloud SQL のドキュメントには、以下の各ケースに対する詳細な要件が記載されています。

プロジェクトで IAM を使用する

以下のセクションでは、プロジェクトで基本的な IAM タスクを行う方法について説明します。

次のタスクを完了するには、resourcemanager.projects.getIamPolicyresourcemanager.projects.setIamPolicy の IAM 権限が必要です。

プロジェクト レベルのポリシーにメンバーを追加する

Cloud SQL のロールの詳細については、IAM ロールをご覧ください。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールの [IAM と管理] ページに移動します。
  2. 上部のバーにある [プロジェクト] プルダウン メニューで、メンバーを追加するプロジェクトを選択します。
  3. [追加] をクリックします。[プロジェクトへのメンバー、ロールの追加] ダイアログが表示されます。
  4. [新しいメンバー] フィールドで、アクセス権を付与するエンティティの名前を指定します。
  5. [ロールを選択] プルダウンで、メンバーに適切なロールを付与します。Cloud SQL リソースに影響するロールは、[プロジェクト] と [Cloud SQL] サブメニューに表示されます。
  6. [保存] をクリックします。

gsutil

プロジェクト レベルの IAM ポリシーは、gcloud コマンドで管理します。このコマンドは Google Cloud SDK に含まれています。プロジェクト レベルのポリシーを追加するには、gcloud beta projects add-iam-policy-binding を使用します。

プロジェクトの IAM ポリシーを表示する

コンソール

  1. Google Cloud コンソールの [IAM と管理] ページに移動します。
  2. 上部バーにある [プロジェクト] プルダウン メニューで、ポリシーを表示するプロジェクトを選択します。
  3. プロジェクトの権限を表示するには、次の 2 つの方法があります。
    • メンバー別の表示: 個々のメンバーに関連付けられた [ロール] 列を表示して、各メンバーのロールを確認します。
    • ロール別の表示: 個々のロールに関連付けられたプルダウンを使用して、ロールを持つメンバーを確認します。

gsutil

プロジェクト レベルの IAM ポリシーは、gcloud コマンドで管理します。このコマンドは Google Cloud SDK に含まれています。プロジェクトの IAM ポリシーを表示するには、gcloud beta projects get-iam-policy コマンドを使用します。

プロジェクト レベルのポリシーからメンバーを削除する

コンソール

  1. Google Cloud コンソールの [IAM と管理] ページに移動します。
  2. 上部のバーにある [プロジェクト] プルダウン メニューで、メンバーを削除するプロジェクトを選択します。
  3. 権限が [メンバー] 別に表示されていることを確認し、削除するメンバーを選択します。
  4. [削除] をクリックします。
  5. 表示されたオーバーレイ ウィンドウで、[確認] をクリックします。

gsutil

プロジェクト レベルの IAM ポリシーは、gcloud コマンドで管理します。このコマンドは Google Cloud SDK に含まれています。プロジェクト レベルのポリシーを削除するには、gcloud beta projects remove-iam-policy-binding を使用します。

ベスト プラクティス

IAM を使用するには、他の管理設定と同様、アクティブ管理を有効にする必要があります。他のユーザーがリソースにアクセスできるようにするには、各ユーザーにどのようなロールを与えるか、必ず把握しておく必要があります。プロジェクト管理、使用パターン、組織の所有権が次第に変化し、プロジェクトの IAM 設定の変更が必要になる場合があります。特に、大規模な組織や大人数のグループで Cloud SQL を管理している場合はその可能性が高くなります。アクセス制御の設定の評価や計画を行う際には、次のベスト プラクティスを念頭に置いてください。

  • アクセス権を付与する際は、最小権限を与えることを原則にします。最小権限の原則は、リソースへのアクセス権を付与するためのセキュリティ ガイドラインです。最小権限の原則に基づいてアクセス権を付与する場合、割り当てられたタスクを実行するために必要なアクセス権のみをユーザーに付与します。

  • 自分が知らないユーザーに setIamPolicy 権限を持つロールを付与しないようにしてください。setIamPolicy 権限が付与されたユーザーは、権限を変更してデータを制御できます。setIamPolicy 権限があるロールは、オブジェクトとバケットに対する管理権限を委任する場合にのみ使用します。

  • リソースの管理権限を委任してください。管理者権限を持つユーザーがグループから離れても、他のチームメンバーがリソースを引き続き管理できるようにする必要があります。一般に、これを実現するには次の 2 つ方法があります。

    • プロジェクトの Cloud SQL 管理者のロールを個人ではなくグループに割り当てます。
    • プロジェクトの Cloud SQL 管理者のロールを少なくとも 2 人のユーザーに割り当てます。

次のステップ