クイックスタート: リポジトリを作成する

このクイックスタートでは、Cloud Source Repositories でリポジトリを作成します。その後、App Engine にデプロイ可能な小さな Python アプリのコードを commit します。

Cloud Source Repositories は、Google Cloud でホストされる Git リポジトリです。これらのリポジトリを使用すると、開発したアプリやサービスのコードを共同作業やバージョン管理が可能なスペースにデプロイできます。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Console のプロジェクト セレクタページで、Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. Google Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。 プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud SDK をインストールし、初期化します
  5. 最新バージョンの Git がインストールされていることを確認します。
  6. Cloud Source Repositories API を有効にします。
  7. Cloud Source Repositories API を有効にする

リポジトリを作成する

ターミナル ウィンドウで、gcloud source repos create コマンドを使用して、hello-world という名前の Google Cloud リポジトリを作成します。

gcloud source repos create hello-world

リポジトリのクローンを作成する

gcloud source repos clone コマンドを使用して、Google Cloud リポジトリのクローンをローカルの Git リポジトリに作成します。

gcloud source repos clone hello-world

「Hello, World!」スクリプトを作成する

ブラウザ ウィンドウに「Hello, World!」を出力する Python スクリプトを作成します。

  1. hello-world リポジトリに移動します。

  2. テキスト エディタで、main.py という名前のファイルを作成し、次のコードを貼り付けます。

    #!/usr/bin/env python
    
    import webapp2
    
    class MainHandler(webapp2.RequestHandler):
        def get(self):
            self.response.write('Hello, World!')
    
    app = webapp2.WSGIApplication([
        ('/', MainHandler)
    ], debug=True)
    

app.yaml ファイルを作成する

app.yaml ファイルを作成して、App Engine にコードをデプロイする際に必要な構成情報を記述します。

  1. hello-world リポジトリに移動します。

  2. テキスト エディタで app.yaml という名前のファイルを作成し、次の構成情報を貼り付けます。

    runtime: python27
    api_version: 1
    threadsafe: yes
    
    handlers:
    - url: .*
      script: main.app
    
    libraries:
    - name: webapp2
      version: "2.5.2"
    

Cloud Source Repositories に push する

作成したファイルを Cloud Source Repositories に push します。

  1. ターミナル ウィンドウで hello-world ディレクトリに移動します。

    cd hello-world
    
  2. ファイルを追加します。

    git add .
    
  3. リポジトリにファイルを commit し、このアクションの履歴を記述したコメントを追加します。

    git commit -m "Add Hello World app to Cloud Source Repositories"
    
  4. git push コマンドを使用して、ローカル Git リポジトリの内容を Cloud Source Repositories に追加します。

    git push origin master
    

    Git が master ブランチから origin リモートにファイルを push します。次のような出力が表示されます。

    Counting objects: 21, done.
    Delta compression using up to 6 threads.
    Compressing objects: 100% (20/20), done.
    Writing objects: 100% (21/21), 9.76 KiB | 0 bytes/s, done.
    Total 21 (delta 5), reused 0 (delta 0)
    remote: Storing objects: 100% (21/21), done.
    remote: Processing commits: 100% (6/6), done.
    To https://source.developers.google.com/p/example-project-1244/r/repo-name
     * [new branch]      master -> master
    

リポジトリ内のファイルを表示する

  1. Google Cloud Console で、Cloud Source Repositories を開きます。

    Cloud Source Repositories を開く

  2. 作成した hello-world リポジトリの名前をクリックします。

  3. リポジトリに push したファイルに移動します。

    GCP Console に、master ブランチのファイル(最新の commit レベル)が表示されます。

  4. [ファイル] リストでファイルをクリックすると、ファイルの内容が表示されます。

    Cloud Source Repositories の [ファイル] リストが表示されたスクリーンショット

Cloud Shell を使用してファイルを表示することもできます。

クリーンアップ

準備した hello-world リポジトリを使用して、Cloud Source Repositories を引き続き調べることもできます。利用できるクイックスタートの一覧については、クイックスタートをご覧ください。

リポジトリを終了した場合は、次の手順でリポジトリを削除できます。

  1. GCP Console で、Cloud Source Repositories の [すべてのリポジトリ] ページを開きます。

    Cloud Source Repositories を開く

  2. 削除するリポジトリにカーソルを合わせ、[設定] をクリックします。

    [全般設定] ページが開きます。

  3. [このリポジトリを削除] をクリックします。

    [リポジトリの削除] ダイアログが開きます。

  4. 削除するリポジトリの名前を入力します。

  5. [削除] をクリックします。

次のステップ