クイックスタート: 新しいリポジトリの作成

Google Cloud Source Repositories には、App Engine や Compute Engine などで動作するアプリケーションやサービスのコラボレーション開発をサポートするための Git バージョン コントロールが用意されています。

このページでは、Cloud Source Repositories で新しいリポジトリを作成する方法を示します。このリポジトリには、後で App Engine にデプロイできる簡単な Python アプリケーションが含まれます。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Google Cloud Platform プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. Google Cloud Platform プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  4. Cloud SDK をインストールして初期化します。
  5. 最新バージョンの Git がインストールされていることを確認します。
  6. Cloud Source Repositories API を有効にします。

新しいリポジトリを作成する

ターミナル ウィンドウで gcloud source repos create コマンドを使用して、hello-world という名前の新しい Google Cloud Platform(GCP)リポジトリを作成します。

gcloud source repos create hello-world

リポジトリのクローンを作成する

gcloud source repos clone コマンドを使用して、ローカル Git リポジトリに GCP リポジトリの内容のクローンを作成します。

gcloud source repos clone hello-world

Hello World スクリプトを作成する

この手順では、ブラウザ ウィンドウに Hello, world! を出力する Python スクリプトを 作成します。

  1. hello-world リポジトリに移動します。

  2. テキスト エディタを使用して、main.py という名前のファイルを作成し、次のコードを貼り付けます。

    #!/usr/bin/env python
    
    import webapp2
    
    class MainHandler(webapp2.RequestHandler):
        def get(self):
            self.response.write('Hello world!')
    
    app = webapp2.WSGIApplication([
        ('/', MainHandler)
    ], debug=True)
    

app.yaml ファイルを作成する

この手順では、app.yaml ファイルを作成します。このファイルを使用して App Engine にコードをデプロイします。

  1. hello-world リポジトリに移動します。

  2. テキスト エディタを使用して、app.yaml という名前のファイルを作成し、次のコードを貼り付けます。

    runtime: python27
    api_version: 1
    threadsafe: yes
    
    handlers:
    - url: .*
      script: main.app
    
    libraries:
    - name: webapp2
      version: "2.5.2"
    

Cloud Source Repositories に push する

この手順では、作成したファイルを Cloud Source Repositories に push します。

  1. ファイルを追加します。

    git add .
    
  2. ファイルを commit します。

    git commit -m "Add Hello World app to Cloud Source Repositories"
    
  3. git push コマンドを使用してローカル Git リポジトリの内容を Cloud Source Repositories に追加します。

    git push origin master
    

    Git が master ブランチから origin リモートにファイルを push します。出力は次のようになります。

    Counting objects: 21, done.
    Delta compression using up to 6 threads.
    Compressing objects: 100% (20/20), done.
    Writing objects: 100% (21/21), 9.76 KiB | 0 bytes/s, done.
    Total 21 (delta 5), reused 0 (delta 0)
    remote: Storing objects: 100% (21/21), done.
    remote: Processing commits: 100% (6/6), done.
    To https://source.developers.google.com/p/example-project-1244/r/repo-name
     * [new branch]      master -> master
    

リポジトリ内のファイルを参照して表示する

  1. Console で、Cloud Source Repositories を開きます。

    Cloud Source Repositories を開く

  2. 作成した hello-world リポジトリの名前をクリックします。

  3. リポジトリに push したファイルを参照します。Console に、最新の commit 時点のマスター ブランチ内のファイルが表示されます。

  4. ソースコード ブラウザでその内容をクリックしてファイルを表示します。

Cloud Shell を使用してファイルを表示することもできます。

クリーンアップ

hello-world リポジトリを準備すると、Cloud Source Repositories を引き続き調べることができます。利用できるクイックスタートの完全な一覧については、クイックスタートをご覧ください。

このリポジトリを終了すると、次の手順で削除できます。

  1. Cloud Source Repositories の [すべてのリポジトリ] ビューを開きます。

    Cloud Source Repositories を開く

  2. リポジトリにカーソルを合わせて、歯車ボタンをクリックします。

    [全般設定] 画面が開きます。

  3. [このリポジトリを削除] をクリックします。

    リポジトリの削除画面が開きます。

  4. 削除するリポジトリの名前を入力します。

  5. [削除] をクリックします。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories