Cloud Shell の起動

Cloud Shell セッションは、ユースケースに最適な方法で起動できます。

Console からの起動

Cloud Console から Cloud Shell セッションを起動するには、Cloud ConsoleCloud Shell をアクティブにする ボタン [Shell をアクティブにする] ボタン を使用します。これにより、Cloud Console の下部ペインでセッションが起動します。

[新しいウィンドウで開く] アイコン [新しいウィンドウで開く] ボタン をクリックして、このセッションを全画面表示エクスペリエンスに転送することもできます。

スタンドアロン セッションを起動する

スタンドアロン セッションを使用したい場合は、shell.cloud.google.com で Cloud Shell セッションを開始できます。Cloud Shell ターミナルと Cloud Shell エディタは、自動的に開始されます。

Cloud Shell エディタのみを開くには、ide.cloud.google.com を使用します。Cloud Shell メニューバーの「ターミナルを開く」ボタン [Shell をアクティブにする] ボタン を使用すると、Cloud Shell ターミナルにいつでもアクセスできます。

ドキュメント内で起動する

無料トライアルを開始すると、ドキュメントのヘッダーに [Cloud Shell をアクティブにする] ボタン [Cloud Shell をアクティブにする] ボタン が表示されます。 Google アカウントにログインして Google Cloud のドキュメントを読む場合は、ドキュメント ページのヘッダーに [Cloud Shell をアクティブにする] ボタン [Cloud Shell をアクティブにする] ボタン が表示されます。

ドキュメント ページの下半分で Cloud Shell ターミナルが起動し、gcloud コマンドの例が Cloud Shell ターミナルにコピーされます

ボタンをクリックすると、現在のページの一番下に Cloud Shell がパネルとして起動します。その後、プロダクトのドキュメントをコンテキストに保ちながら、読んでいるプロダクトを試すことができます。

Cloud Shell ターミナルには、Cloud SDK、Docker、Terraform、その他のコマンドライン ユーティリティがプリインストールされており、Google 認証情報で自動的に認証されるため、ターミナルでドキュメント内のサンプルコードを実行できます。つまり、ドキュメントを表示したまま、Cloud API の有効化とテスト、長時間実行オペレーションの開始、コマンドラインからの Google Cloud リソースの管理を行うことができます。

Cloud SDK のダウンロードや依存関係のインストールを気にすることなく、ユーザーがプロジェクトまたはコードサンプルをテストできるようにするには、Cloud Shell で開く(OiCS)機能を使用します。Git リポジトリのクローン作成やチュートリアルの起動など、Cloud Shell の起動時に特定のアクションを自動的に実行する URL を作成して公開できます。このオプションは、OiCS リンクの作成時に URL パラメータの追加をサポートすることにより、Cloud Shell を起動するエクスペリエンスをカスタマイズする利点を提供します。

gcloud コマンドライン ツールを使用してローカルで Cloud Shell を起動して接続する

ローカルのコマンドラインを使用して Cloud Shell 環境とのやり取りや接続をする場合は、Cloud SDK をインストールする必要があります。gcloud コマンドライン ツール、特に gcloud cloud-shell コマンド グループを使用すると、ローカルマシンと Cloud Shell 環境の間でのファイルのコピーや、Cloud Shell とのインタラクティブな SSH セッションの確立ができます。