Google Cloud Shell は、次のような目的で使用できます。

Google Cloud SDKgcloud コマンドラインなどのツールを使用すると、Google Cloud Platform Console のプロジェクトとリソースに関係するその他の管理タスクも Cloud Shell で実行できます。

下のガイドでは、Cloud Shell を使って一般的なタスクを実行する方法を説明します。

Compute Engine リソースの管理

Cloud Shell セッションで gcloud コマンドライン ツールを使用すると、Compute Engine リソースを仮想マシンのインスタンスのように管理できます。

例:

  1. GCP ConsoleCloud Shell を起動します。

  2. Cloud Shell コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

    # List all compute instances in the project
    gcloud compute instances list
    
    # Grep the serial console output from all instances in the project
    # for a specific pattern in the output.
    gcloud compute instances list | \
    awk 'NR > 1 { print "--zone " $2 " " $1 }' | \
    xargs -L1 gcloud compute instances get-serial-port-output | \
    grep BREAK-IN
    

Cloud SQL データの管理

Cloud Shell セッションで gcloud とデータベース管理クライアントを使用すると、Cloud SQL データを管理できます。

たとえば、Cloud SQL for MySQL インスタンスの場合は、Cloud Shell コマンド プロンプトで次のように入力します。

# Set the project of interest
gcloud config set project hello-world-314

# Create a Cloud SQL instance
gcloud sql instances create my-instance

# Assign the instance an IPv4 address, because Compute Engine
# does not yet support IPv6 addresses.
gcloud sql instances patch --assign-ip my-instance

# Set the root user password for the instance.  Replace the [PASSWORD]
# placeholder with the actual password you want to use.
gcloud sql users set-password root --host % --instance my-instance --password [PASSWORD]

# Connect to the instance.
gcloud sql connect my-instance --user=root

gcloud コマンドと mysql クライアントから次のメッセージが返されます。

Whitelisting your IP for incoming connection for 5 minutes...done.
Connecting to database with SQL user [root]. Enter password:

Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 101436
Server version: 5.7.14-google-log (Google)
Copyright (c) 2000, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.
Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
mysql>

Cloud Storage データの管理

Cloud Shell で gsutil ツールを使用すると、Cloud Storage リソースも管理できます。これには、バケットとオブジェクトの作成と削除、ストレージ データのコピーと移動、バケットとオブジェクト ACL の管理が含まれています。gsutil を使えば、Cloud Shell インスタンスでのデータの送受信もできます。

たとえば、次の Cloud Shell コマンド プロンプトを入力します。

# Create a Cloud Storage bucket
gsutil mb gs://my-bucket-555

# Upload some data to the Cloud Storage bucket you created
gsutil cp test.dat gs://my-bucket-555

Container Engine クラスタの管理

Cloud Shell のコマンドラインから、Container Engine クラスタの作成と管理もできます。

たとえば、次の Cloud Shell コマンド プロンプトを入力します。

gcloud config set compute/zone us-central1-a
gcloud container clusters create my-cluster

クラスタが作成されたら、kubectl ツールを初期化することで、クラスタの管理ができます。

gcloud container clusters get-credentials my-cluster
kubectl get nodes
...
kubectl cluster-info
...

Python App Engine アプリケーションの実行とデプロイ

次の Cloud Shell セッションを行います。

  1. アプリケーションのために新しいディレクトリを作成します。

    mkdir helloworld && cd helloworld
    
  2. Google App Engine の Python の「Hello World」の例のコンテンツを使って、app.yamlhelloworld.py を作成します。

  3. アプリケーション サーバーのデプロイ インスタンスを開始します。

    dev_appserver.py ./
    
  4. Cloud Shell ツールバーの「ウェブでプレビュー」アイコン サーバー アイコン をクリックし、ポート 8080 を選択します。ブラウザのタブが開き、起動したサーバーに接続されます。

  5. Hello World サーバーを App Engine の本番環境にデプロイします。

    gcloud app deploy ./app.yaml
    

アプリケーションのデプロイ後にウェブブラウザで URL http://<project-id>.appspot.com を開くと、アプリケーションにアクセスできます。

Java App Engine アプリケーションの実行とデプロイ

次の手順に従います。

  1. Cloud Shell セッションで、Google App Engine の Java チュートリアルの手順を行います。

  2. アプリケーション サーバーのデプロイ インスタンスを開始します。

    mvn appengine:devserver -Dappengine.address=0.0.0.0
    

    こうすることで、Cloud Shell HTTP プロキシからサーバーにアクセスできるようになります。

  3. Cloud Shell ツールバーの「ウェブでプレビュー」アイコン サーバー アイコン をクリックし、ポート 8080 を選択します。ブラウザのタブが開き、起動したサーバーに接続されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...