Cloud Shell での gcloud コマンドの実行

Cloud Shell には、Cloud SDK がプリインストールされています。これは、追加の設定なしで gcloud コマンドを実行できることを意味します。Cloud Shell セッションを有効化した直後に、gcloud help などの gcloud コマンドライン ツールのコマンドを実行できます。

さらに、Console のインタラクティブ インターフェースを使用してリソースを管理するときはいつでも、同等の gcloud コマンドを生成して Cloud Shell で実行できます。インスタンス グループや Kubernetes クラスタの作成などのタスク中に必要なリソースの詳細を入力すると、生成されたコマンドに正しいフラグとその値が含まれます。

例: 生成された gcloud コマンドを使用して Compute Engine インスタンスを作成する

  1. [Compute Engine] > [VM インスタンス] ページに移動します。
  2. [作成] をクリック
  3. 必須フィールドとオプション フィールドに入力して、ニーズに合わせて新しいインスタンスを構成します。
  4. [作成] ボタンの下に、同等の REST または gcloud コマンドを生成するオプションがあります。[コマンドライン] をクリックして、推奨される gcloud コマンドを確認します。Compute Engine VM インスタンスを作成するための同等の gcloud コマンドの表示
  5. [Cloud Shell で実行] をクリックします。
  6. プロンプトに表示されたら、Enter キーを押してコマンドを実行します。
  7. [VM インスタンス] ページに戻ると、新しく作成されて実行中の VM インスタンスが表示されます。
  8. インスタンスが不要になった場合は、不要な料金が発生しないように、コマンドラインまたは VM インスタンス ページから削除してください。