Anthos Service Mesh 1.6

Anthos Service Mesh への Online Boutique のサンプル アプリケーションのデプロイ

このガイドでは、Anthos Service Mesh のデモのために、Online Bashup のサンプル アプリケーションをデプロイする方法について説明します。

要件

このガイドでは、次のものがあることを前提としています。

kpt を使用したサンプルのインストール

必要に応じて、kpt を使用して Hipster Shop のサンプルをクラスタにインストールできます。

  1. サンプルをダウンロードします。

    kpt pkg get \
      https://github.com/GoogleCloudPlatform/microservices-demo.git/release \
      hipster-demo
  2. アプリケーションの名前空間を作成します。

    kubectl create namespace demo
  3. 自動サイドカー インジェクションを有効にします。

    kubectl label namespace demo istio-injection=enabled
  4. サンプルをクラスタにデプロイします。

    kubectl apply -n demo -f hipster-demo
  5. アプリケーションの外部 IP アドレスを調べます。

    kubectl get service frontend-external -n demo
  6. ブラウザでアプリケーションに移動して、インストールを確認します。

    http://EXTERNAL_IP/

    実行中のサンプルがあるため、Cloud Console で Anthos Service Mesh のオブザーバビリティ機能を確認することができます。トポロジグラフがメッシュに表示されるまで、最長で 10 分かかることがあります。

確認が終わったら、Hipster のサンプルを削除します。

kubectl delete namespaces demo