Auto Discovery サービスの使用

このページでは、Memcached インスタンスの Auto Discovery サービス エンドポイントを検出して接続する方法について説明します。Memorystore for Memcached の Auto Discovery サービスについてのさらに詳しい説明は、Auto Discovery サービスの概要をご覧ください。

インスタンスのディスカバリ エンドポイントを見つける

Memcached インスタンスのディスカバリ エンドポイントは、Cloud Console のインスタンスの詳細ページで確認できます。

次のコマンドを実行して、Memcached インスタンスのディスカバリ エンドポイントを表示することもできます。variables は、適切な値に置き換えてください。

gcloud memcache instances describe instance-id --project=project --region=region --format="default(discoveryEndpoint)"

ディスカバリ エンドポイントの値は、discoveryEndpoint ラベルの下に表示されます。

  • discoveryEndpoint: [IP-address]:[port-number]

Telnet を使用してインスタンスのディスカバリ エンドポイントに接続する

Telnet を使用してインスタンスのディスカバリ エンドポイントに接続するには、次のコマンドを実行します。variables は、適切な値に置き換えてください。

telnet discovery-endpoint-ip-address discovery-endpoint-port-number

Telnet を使用して Memorystore for Memcached インスタンスのディスカバリ エンドポイントに接続したら、次の Memcached コマンドを実行して構成バージョン ID とノードリストを取得します。

config get cluster

このコマンドは、次の形式で下記の情報を返します。

CONFIG cluster 0 [length-of-payload-in-next-two-lines]
[integer]
[node1-ip]|[node1-ip]|[node1-port][node2-ip]|[node2-ip]|[node2-port]
\r\n
END\r\n
  • 最初の行の最後の整数は、次の 2 行に含まれるバイト数を表します。

    • パーサーを構成していない場合は、この行を無視してかまいません。
    • この行は、リクエストから読み取られるバイト長を決定する必要があるパーサーをプログラミングしている場合に役立ちます。
  • 2 行目は整数です。これは、Auto Discovery サービス アーキテクチャの概要で説明されている構成バージョン ID です。

  • 3 行目はノードリストの文字列で、クラスタ内の現在のノードの IP アドレスとポート番号を含みます。

次のステップ