デフォルトの Logging エージェントのログ

Logging エージェントは、VM インスタンスからのログを Cloud Logging に送信するようあらかじめ構成されています。このページでは、Logging エージェントがデフォルトの構成を使用して Cloud Logging に送信するログの一覧を示します。

独自の fluentd 構成ファイルを Logging エージェントに追加できます。詳細については、エージェントの構成をご覧ください。

をご覧ください。

Linux インスタンス

Linux VM インスタンスで実行される Logging エージェントでは、次のログがあらかじめ構成されています。

ログ ID ソースファイルと構成ファイル
syslog Linux syslog
apache-accessapache-error Apache のログ
cassandracassandra-output Cassandra のログ
chef-* Chef のログ
gitlab-* gitlab のログ
jenkins Jenkins のログ
jetty-* Jetty のログ
joomla Joomla のログ
magento-* Magento のログ
mediawiki MediaWiki のログ
memcached memcached のログ
mongodb Mongodb のログ
mysqlmysql-slow MySQL のログ
nginx-accessnginx-error Nginx のログ
postgresql PostgreSQL のログ
puppet-* Puppet Enterprise のログ
rabbitmq-* RabbitMQ のログ
redis Redis のログ
redmine Redmine のログ
salt-* Salt のログ
solr Solr のログ
sugarcrm SugarCRM のログ
tomcattomcat-localhost_access_log Tomcat のログ
zookeeperzookeeper-trace Zookeeper のログ

Windows インスタンス

Windows VM インスタンスで実行される Logging エージェントでは、次のログがあらかじめ構成されています。

ログ ID 説明
fluent.info Logging エージェントのメッセージ
winevt.raw Windows イベントログ

エージェントから取得したログには projects/[PROJECT_ID]/logs/[LOG_ID] という名前が付いています。

[LOG_ID]syslogredis などの単純な名前です。サービス名の接頭辞は付いていません。

ログ名の後にアスタリスク(*)がある場合、名前が同じ接頭辞で始まるログが複数存在することを意味します。