Logging エージェントについて

このガイドでは、仮想マシン(VM)インスタンスで実行され、fluentd に基づくアプリケーションである Cloud Logging エージェントの基本情報を提供します。

ロギング エージェントの仕組み

Logging エージェントは、デフォルトの構成では、一般的なサードパーティ製アプリケーションやシステム ソフトウェアからのログを、Logging にストリーミングします。デフォルトログのリストをご覧ください。追加のログをストリーミングするようにエージェントを構成できます。エージェントの構成とオペレーションの詳細は、Logging エージェントの構成をご覧ください。

すべての VM インスタンスで Logging エージェントを実行することをおすすめします。エージェントは Linux と Windows の両方で稼働します。Logging エージェントをインストールするには、エージェントのインストールをご覧ください。

サポートされているオペレーティング システム

Logging エージェントは、次のオペレーティング システムの、互換性のある仮想マシン(VM)インスタンス上で実行できます。

  • CentOS 6、7、8
  • Debian 9 "Stretch"、10 "Buster"
  • Red Hat Enterprise Linux 6、7、8
  • Ubuntu LTS 16.04(Xenial Xerus)、LTS 18.04(Bionic Beaver)、19.10(Eoan Ermine)
  • Ubuntu Minimal LTS 16.04(Xenial Xerus)、LTS 18.04(Bionic Beaver)、19.10(Eoan Ermine)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3、12 SP2 for SAP、12 SP3 for SAP、15、15 for SAP、15 SP1 for SAP
  • Windows Server 2008 R2、2012 R2、2016、2019
  • Amazon Linux AMI(Amazon Linux 2.0 AMI を除く)

サポートされる環境

Logging エージェントは次の環境に対応しています。

  • Compute Engine インスタンス。Logging エージェントは、各 VM インスタンスに関連付けられているプロジェクトにログを送信します。

    外部 IP アドレスのないインスタンスの場合は、プライベート Google アクセスを有効にして、Logging エージェントがログを送信できるようにする必要があります。

  • Amazon Web Services Elastic Compute Cloud(AWS EC2)インスタンス。Logging エージェントは、ワークスペースの AWS コネクタ プロジェクトにログを送信します。このプロジェクトは、AWS アカウントをワークスペースに接続すると、Monitoring によって自動的に作成されます。

    Logging エージェントを正しく機能させるには、実行に使用する Amazon EC2 インスタンスが Google Cloud API、特に Logging API と通信できる必要があります。これを行うには、外部 IP アドレスまたは VPC インターネット ゲートウェイのいずれかが必要です。

これらの VM インスタンスでは、Logging エージェントを実行するには少なくとも 250 MiB の常駐(RSS)メモリが必要になりますが、1 GiB が推奨されます。たとえば、サイズが 1 KB のログエントリが毎秒 100 件の割合で発生する場合、デフォルト構成の Logging エージェントは、1 コアあたり 5% の CPU と 150 MiB のメモリを消費します。また、ピーク時にサイズが 1 KB のログエントリが毎秒 3,000 件の割合で発生する場合は、1 コアあたり 80% の CPU と 250 MiB のメモリを消費します。

次の VM インスタンスは、独自のソフトウェアを使用して Logging をサポートしているため、Logging エージェントを手動でインストールすることはサポートされていません。

  • App Engine スタンダード環境のインスタンス。App Engine には、Logging の組み込みサポートが含まれています。詳細については、アプリケーション ログの書き込みをご覧ください。

  • App Engine フレキシブル環境のインスタンス。App Engine フレキシブル環境で実行されるアプリはログを書き込むことができます。このログは、App Engine スタンダード環境には含まれていません。詳細については、アプリケーション ログの書き込みをご覧ください。

  • Google Kubernetes Engine ノード インスタンス。新規または既存のコンテナ クラスタ用に、統合されたモニタリングおよびロギング ソリューションである Kubernetes Engine Monitoring を有効に設定できます。

  • GKE On-Prem で実行されるインスタンスの場合、エージェントはシステムログを収集しますが、アプリケーション ログは収集しません。

  • Cloud Run コンテナ インスタンス。Cloud Run には、Logging の組み込みサポートが含まれています。詳しくは、ログの記録と表示をご覧ください。

  • Cloud Functions の HTTP とバックグラウンド関数。Cloud Functions には、Logging の組み込みサポートが含まれています。詳しくは、ログの作成、表示、処理をご覧ください。

オンプレミスとハイブリッド クラウドのサポート

Google Cloud は Blue Medora と連携し、オンプレミスとハイブリッド クラウド プラットフォームに対する、一貫性があり、予測可能なロギング サービスを提供します。Blue Medora を使用すると、独自のデータを収集し、分析のために Logging に送信できます。Blue Medrid の Bindplane は、Cloud Logging と統合して、インフラストラクチャからデータを取得します。また、これは、追加コストなしでプロジェクトに組み込まれます。

Blue Medora の詳細については、Blue Medora についてをご覧ください。

エージェントのアクセス要件

エージェントを実行するには、次の DNS 名にアクセスする必要があります。

  • OAuth2 トークン サーバー: oauth2.googleapis.com

    より古いバージョンのエージェントでは www.googleapis.com へのアクセスが必要になる場合があります(完全 URL: https://www.googleapis.com/oauth2/v3/token)。

    古いバージョンのエージェントを使用している場合は、最新バージョンにエージェントをアップグレードすることをおすすめします。

  • Logging API: logging.googleapis.com

エージェントをインストールするには、次の DNS 名にアクセスする必要があります。

  • (Linux)Google Cloud Package Repository: packages.cloud.google.com

  • (Windows)Google ダウンロード サーバー: dl.google.com

Logging エージェントのソースコード

ソースコードを理解したい場合や他の特別なニーズがある場合を除き、このセクションの情報は必要ありません。Logging エージェントをインストールするスクリプトの説明は、インストールの手順をご覧ください。

Logging エージェント google-fluentd は、fluentd ログデータ コレクタに変更を加えたものです。google-fluentd は、次の 2 つのパッケージで配布されています。ソースコードは関連する GitHub リポジトリから入手できます。

  • google-fluentd という名前の GitHub リポジトリには、コア fluentd プログラム、カスタム パッケージング スクリプト、Cloud Logging API 用の出力プラグインが含まれています。
    • 出力プラグインは、Ruby の gem としてパッケージ化され、google-fluentd パッケージに収録されています。また、fluent-plugin-google-cloud で Ruby gem ホスティング サービスから別途入手することもできます。
  • google-fluentd-catch-all-config という名前の GitHub リポジトリ。このリポジトリには、さまざまなサードパーティ ソフトウェア パッケージからログを取り込むための Logging エージェントの構成ファイルが含まれています。

非推奨ポリシー

Logging エージェントには、Google Cloud のオペレーション スイートのエージェントの非推奨ポリシーが適用されます。

次のステップ