Google グループをセキュリティ グループに更新する

セキュリティ グループを作成するには、最初に Google グループを作成してから、その Google グループをセキュリティ グループに更新する必要があります。このページでは、Google グループをセキュリティ グループに更新する方法について説明します。

始める前に

次の作業を実施した後、このページの内容に進んでください。

Google グループをセキュリティ グループに更新する

セキュリティ グループには、次のみを含めることができます。

  • ドメイン内外のユーザー
  • ドメイン内外のサービス アカウント
  • ドメイン内のセキュリティ グループ

これらの条件を満たさない Google グループにセキュリティ グループ ラベルを適用することはできません。

セキュリティ グループを更新できるのは、事前定義された特権管理者またはグループ管理者のみです。

REST

Google グループをセキュリティ グループに更新するには、labelscloudidentity.googleapis.com/groups.securitycloudidentity.googleapis.com/groups.discussion_forum に設定して groups.patch() を呼び出します。

リクエストの本文の例

{
  "labels": {
    "cloudidentity.googleapis.com/groups.security": "",
    "cloudidentity.googleapis.com/groups.discussion_forum": ""
  }
}

Python

Python クライアント ライブラリを使用して Google グループをセキュリティ グループに更新するヘルパー関数を、次の例に示します。

def add_security_label_to_group(service, group_name):
  group = {
    "labels": {
      "cloudidentity.googleapis.com/groups.security": "",
      "cloudidentity.googleapis.com/groups.discussion_forum": ""
    }
  }
  try:
    request = service.groups().patch(name=group_name, body=group)
    request.uri = request.uri + '&updateMask=labels'
    response = request.execute()
    print(response)
  except Exception as e:
    print(e)