マネージド逆引き参照ゾーン

このページでは、マネージド逆引き参照ゾーンの作成方法について説明します。詳細な背景情報については、マネージド逆引き参照ゾーンをご覧ください。

マネージド逆引き参照ゾーンは特別な属性を持つ限定公開ゾーンです。この属性により、Cloud DNS は、Compute Engine の DNS データに対して PTR 参照を実行します。仮想マシン(VM)インスタンスの RFC 1918 以外の PTR レコードを正しく解決するには、Cloud DNS にマネージド逆引き参照ゾーンを設定する必要があります。

新しいマネージド逆引き参照ゾーンを作成するには、次の手順を行います。

コンソール

  1. コンソールで、[DNS ゾーンの作成] ページに移動します。

    [DNS ゾーンの作成] に移動

  2. [ゾーンのタイプ] で [非公開] を選択します。

  3. ゾーン名(例: my-new-zone)を入力します。

  4. ゾーンの DNS 名のサフィックスを入力します。サフィックスは、逆引きゾーンにするために、in-addr.arpa で終わる必要があります。この DNS 名は、Cloud DNS を介して解決しようとしている RFC 1918 以外の PTR レコードの逆引き名と一致している必要があります。たとえば、20.20.1.2 の PTR レコードを照合する場合、DNS 名が 2.1.20.20.in-addr.arpa の逆引き参照ゾーンを作成する必要があります。

  5. (省略可)説明を追加します。

  6. [オプション] で、[マネージド逆引きゾーン] を選択します。

  7. 限定公開ゾーンが表示されるネットワークを選択します。

  8. [作成] をクリックします。

gcloud

dns managed-zones create コマンドを実行します。

gcloud dns managed-zones create NAME \
    --description=DESCRIPTION \
    --dns-name=DNS_SUFFIX \
    --networks=VPC_NETWORK_LIST \
    --visibility=private \
    --managed-reverse-lookup=true

次のように置き換えます。

  • NAME: ゾーンの名前
  • DESCRIPTION: ゾーンの説明
  • DNS_SUFFIX: .in-addr.arpa で終わる逆引きゾーンの DNS サフィックス。通常、逆引きゾーンは ${ip_block_in_reverse}.in-addr.arpa の形式になります。
  • VPC_NETWORK_LIST: PTR レコードが解決する Google Cloud リソースを含む VPC ネットワークのカンマ区切りのリスト。

次のステップ