Oracle データベースの REDO ログファイルの操作

をご覧ください。

概要

Datastream は、Oracle データベースの一部である Oracle LogMiner を利用して、アーカイブされた REDO ログファイルのクエリを実行します。これらのファイルには、データベースに対するアクティビティの履歴に関する情報が含まれています。

各 Oracle データベースには一連のオンライン REDO ログファイルがあります。データベース上のすべてのトランザクション レコードは、ファイルに記録されます。

現在の REDO ログファイルがローテーション(または切り替え)されると、アーカイブ プロセスにより、このファイルがアーカイブ ストレージにコピーされます。一方、データベースは別のファイルを現行ファイルとして機能するように昇格させます。

Datastream の Oracle コネクタは、アーカイブされた Oracle REDO ログファイルから変更データ キャプチャ(CDC)イベントを抽出します。

Oracle の REDO ログファイルの構成パラメータを設定する

この設計は、Datastream の潜在的なレイテンシに大きく影響します。Oracle の REDO ログファイルを頻繁に切り替えたり、より小さいサイズ(256 MB 未満など)を保持したりすると、Datastream が変更を迅速に複製できます。

ログファイルのローテーションの頻度を制御するために設定できる構成パラメータがあります。

  • サイズ: オンライン REDO ログファイルの最小サイズは 4 MB です。デフォルトのサイズはオペレーティング システムによって異なります。ログファイルのサイズを変更するには、新しいオンライン ログファイルを作成して、古いログファイルを削除します。

    オンライン REDO ログファイルのサイズを確認するには、次のクエリを実行します。

    SELECT GROUP#, STATUS, BYTES/1024/1024 MB FROM V$LOG

  • 時間: ARCHIVE_LAG_TARGET パラメータには、プライマリ データベースの現在のログを使用できる時間の上限(秒単位)を指定します。

    ログのアーカイブにかかる時間が考慮されるため、これは正確なログ切り替え時間ではありません。デフォルト値は 0(上限なし)ですが、適正な値として 1800 (30 分)をおすすめします。

    初期化中またはデータベースの稼働中に、次のコマンドを使用して ARCHIVE_LAG_TARGET パラメータを設定できます。

    • SHOW PARAMETER ARCHIVE_LAG_TARGET; このコマンドは、現在のログが使用される秒数を表示します。
    • ALTER SYSTEM SET ARCHIVE_LAG_TARGET = number-of-seconds;: 上限を変更するには、このコマンドを使用します。

      たとえば、上限を 10 分(600 秒)に設定するには、「ALTER SYSTEM SET ARCHIVE_LAG_TARGET = 600;」と入力します。