CentOS 6 のサポート終了(EOL)

既存の仮想マシン インスタンス(VM)への影響

CentOS 6 オペレーティング システムを実行している現在の VM は影響を受けません。サポート終了日を過ぎても、これらのイメージを使用している既存の VM を引き続き起動または停止できます。

ただし、サポートが終了してセキュリティに関する更新が提供されなくなった CentOS 6 VM を実行すると、プロジェクトがセキュリティ上の危険にさらされる可能性があります。

概要

この日付以降、次の変更が有効になります。

  • CentOS 6 イメージは引き続き使用できますが、非推奨となります。
  • 既存の CentOS 6 ベースの VM については、Google Cloud を通じて限定的なテクニカル サポートを利用できます。

必要なご対応

  1. オペレーティング システムのライフサイクルとサポート ポリシーを確認します。
  2. サポート終了日以降に CentOS 6 イメージを使用する VM を作成する必要がある場合は、プロジェクトでイメージをコピーします。
  3. EOL までに、計画を立てて CentOS 6 のワークロードとアプリケーションを CentOS 8 に移行します。

CentOS 6 の EOL についてご質問がある場合は、Google Cloud サポートにお問い合わせください。

次のステップ