Cloud Code for VS Code で Kubernetes ログを表示する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Code では、複数の方法でログを表示できます。開発セッション ビューには、タスク、アーティファクト、デプロイされたリソースが表示されるロギング出力の構造化ビューがあります。このビューでは、デプロイ内の各タスクのステータスを確認し、完全なログ出力で詳細情報を確認できます。

ログビューアには、ログの検索とフィルタリングのためのツールが用意されています。

タスクとリソースのステータスの表示

開発、デバッグのセッションを開始すると、[Development sessions] セクションに構造化ロギングビューが表示されます。

[開発セッション] ペイン

  • [Development sessions] セクションを表示するには、Cloud Code のアイコン [Cloud Code] をクリックし、[Development sessions] セクションを展開します。

  • タスクが開始されると、そのタスクが回転する半円アイコン 進行状況アイコン で表示されます。

  • タスクが成功すると、手順の横に緑色のチェックマーク 成功アイコン が表示されます。

  • タスクが失敗すると、手順の横に赤い感嘆符 失敗アイコン が表示されます。

  • 手順の詳細を表示するには、[Development sessions] セクションで手順をクリックします。[Output] ペインに、ロギング出力の手順が表示されます。

  • 完全な Skaffold のログを表示するには、[ステータス] ノードをクリックします。

  • コンテナのログを表示するには、[Status] を展開し、[Stream Application Logs] を展開してコンテナ名をクリックします。コンテナのログが [Output] タブに表示されます。

ログビューアの起動

ログビューアを起動するには、コマンド パレットを開き(Ctrl/Cmd + Shift + P を押すか、 [ビュー] > [コマンド パレット] をクリックします)、Cloud Code: View Logs を実行します。

Pod のログをストリーミング

Pod からログをストリーミングするには:

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. minikube クラスタを展開し、[ポッド] を展開します。
  3. Pod を右クリックして [ログのストリーム] をクリックします。
  4. Pod に複数のコンテナがある場合は、コンテナの 1 つを選択するように求められます。

Pod のログを表示

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. minikube クラスタを展開し、[ポッド] を展開します。
  3. Pod を右クリックして [ログを表示] をクリックします。
  4. Pod に複数のコンテナがある場合は、コンテナの 1 つを選択するように求められます。

特定のリソースのログを表示する

特定のリソースのログを表示する手順は次のとおりです。

  1. [Cloud Code] をクリックし、[Kubernetes] セクションを展開します。
  2. [Kubernetes] セクションで、次の操作を行います。

    • ログを表示するクラスタ
    • 名前空間
    • ログを表示する名前空間
    • Deployment
  3. デプロイを右クリックし、[View logs] を選択します。

    デプロイログを表示する

ストリーミング ログの表示

ログが生成されたときにログビューアで更新されたログを表示するようにするには、ログビューアで [ストリーミング] スライダーをオンにします。

Cloud Logging を使用して Kubernetes のログを表示する

Cloud Logging を有効にして GKE クラスタからログを表示するには、次の手順に従います。

  1. ログビューアを開くには、コマンド パレットを開き(Ctrl/Cmd + Shift + P を押すか、[ビュー] > [コマンド パレット] をクリックします)、「Cloud Code: View Logs」を実行します。
  2. [Log Type] リストから [Kubernetes Application Logs] を選択します。
  3. 複数の Pod からログをストリーミングするには、[ストリーミング] スライダーをオンにして [Pod] リストで [すべて] を選択します。
  4. デフォルトでは、アクティブなクラスタのログが表示されます。別のクラスタに切り替えるには、[Cluster] リストからクラスタ名を選択します。

    Kubernetes アプリケーションのログ設定を示すログビューア

kubectl を使用して Kubernetes ログを表示する

GKE 以外のクラスタまたは Cloud Logging が有効になっていない GKE クラスタのログを表示するには、次の手順に従います。

  1. ログビューアを開くには、コマンド パレットを開き(Ctrl/Cmd + Shift + P を押すか、[ビュー] > [コマンド パレット] をクリックします)、「Cloud Code: View Logs」を実行します。
  2. [Log Type] リストから [Kubectl ログ] を選択します。
  3. [Deployment] または [Pod] リストで、ログを表示する Deployment または Pod を選択します。

    ログビューア検索ボックス内の [Deployment] フィールドを「node-hello-world」に設定して、Cloud Logging 以外のクラスタのログを表示する

  4. 検索結果を絞り込むには、[検索ログ] をクリックして検索キーワードを入力します。この検索には、Namespace、Deployment、Pod、コンテナ、時間が含まれます。Cloud Logging が有効になっているクラスタの場合は、重大度でフィルタすることもできます。

表示時間の変更

表示時間を別のタイムゾーンに変更するには、[時間] 列ヘッダーの横にある をクリックし、タイムゾーンを選択します。

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。