既存のアプリケーションの設定

独自の既存アプリケーションを使用する場合は、実行構成とデバッグ構成という 2 つの重要なコンポーネントを設定する前に、VS Code でフォルダを開く必要があります。

構成の設定

Kubernetes でアプリの実行やデバッグを行うには、アプリケーションのビルド、デプロイ、デバッグを行うための構成タイプ「cloudcode.kubernetes」が .vscode/launch.json に必要です。既存のプロジェクトにこのタイプの構成がない場合は、「Run on Kubernetes」または「Debug on Kubernetes」コマンドを実行するときに作成するよう案内されます。

  1. Cloud Code のステータスバーから [Run on Kubernetes] を選択します。

    Cloud Code のステータスバーから [Run on Kubernetes] を選択する

  2. Cloud Code が使用可能な構成を認識しない場合は、[Add Configuration] を選択します。

    構成を追加するかどうかを確認するダイアログ

  3. [Artifact Input Wizard] が起動します。

    ビルドするイメージごとに、プルダウン リストから対応する Dockerfile を選択できます。プロジェクトに複数の Dockerfile がある場合は、すべてこのリストに表示されます。

    使用可能なイメージの Dockerfile が指定された Artifact Input Wizard のスクリーンショット

  4. [Save] をクリックすると、.vscode/launch.json に新しく追加された「cloudcode.kubernetes」構成と skaffold.yaml を使用してアプリの実行を続行できます。

  5. 現在のクラスタ コンテキストを使用してアプリを実行する(または指定のものに切り替える)かどうかを確定します。

  6. 選択したコンテキストによっては、イメージ レジストリを選択するよう求められる場合があります。

  7. 実行中のアプリケーションの進行状況を追跡できる出力ウィンドウが表示されます。また、実行中の Pod からのログのライブ ストリームがターミナル出力に表示されます。

    構成の追加が成功したことと、追加された skaffold.yaml および launch.json を含むファイルツリーを通知するダイアログのスクリーンショット

詳しいチュートリアルと他のカスタマイズ オプションについては、アプリケーションの実行をご覧ください。

特定のコンテナに接続モードでデバッグを設定する場合は、Kubernetes Pod のデバッグをご覧ください。