アプリケーションの移行

Cloud Shell エディタで開発したアプリケーションを VS Code などのローカル IDE に移行する方法について説明します。


このタスクを Cloud Shell エディタで直接行う際の順を追ったガイダンスについては、[ガイドを表示] をクリックしてください。

ガイドを表示


以降のセクションでは、[ガイドを表示] をクリックした場合と同じ手順について説明します。

Cloud Code からローカル IDE へのアプリの移行

アプリケーションを移行するには、次の手順に従います。

  1. IDE の Cloud Code 拡張機能を設定します。

    Cloud Code は VS CodeJetBrains IDE(IntelliJ Ultimate / Community、PyCharm Professional / Community、WebStorm、GoLand)にインストール可能です。

  2. [ファイル] > [ダウンロード] に移動して、必要なソースコードをダウンロードします。

    ファイル メニューから [ダウンロード] オプションを使用してワークスペースをダウンロードする

    または、アクティビティ バー ソース コントロール アイコン の [Source Control: Git] ビューまたは Cloud Code ターミナル Cloud Code のトップメニューバーから利用できる「ターミナルを開く」アイコン で Git コマンドを使用して、Git リポジトリにソースコードを commit することもできます。

    Cloud Code ワークスペースをダウンロードした場合は、[File] > [Open Workspace](VS Code)/ [Open](IntelliJ)を使用して、またはソースコードを Git リポジトリに commit した場合は、ローカルの [Source Control: Git] ビューを使用して、ローカル IDE からワークスペースにアクセスできるようになりました。