Cloud Shell エディタでバージョン管理を使用

このページでは、Cloud Shell エディタの Git サポートでアプリケーション ファイルにバージョン管理を使用する方法について説明します。

バージョン管理の使用

アクティビティ バー ソース コントロール アイコン から [Source Control: Git] ビューをクリックすることで、Git リポジトリにアクセスして(または新しく作成して)、既存の変更やステージング済みの変更、統合された変更を表示します。

ここから、変更(ファイルの以前のバージョンと現在のバージョンの差分)のステージングやステージング解除と、変更(Cloud Shell エディタからのすべて)の変更の commit を行うことができます。

Git による認証

カスタム サンプルをインポートする場合と同様、Git リポジトリに変更を pull または push する場合や、リポジトリのクローンを作成する場合は、Git で認証する必要があります。ただし、Cloud Source Repositories を使用している場合は、Cloud Shell が自動的に認証を処理します。

認証を必要とする操作を行うと、Git からパスワードの入力が求められます。個人用のアクセス トークン(PAT: Git パスワードに代わるより安全なパスワード)を入力します。PAT の設定の詳細については、個人用のアクセス トークンの作成ガイドをご覧ください。

ワークフローを効率化し、PAT を複数回入力する必要がないようにするには、認証情報ヘルパーを有効にして、Git が PAT を 15 分間キャッシュに保存できるようにします。

  1. [ターミナル] > [新しいターミナル] をクリックして、Cloud Shell エディタのターミナルを起動します。
  2. 次のコマンドを実行します。

    git config --global credential.helper cache
    

タイムアウト時間の変更や認証情報ストレージのローカルパスの指定など、その他のカスタマイズ オプションについては、Git Tools - Credential Storage のドキュメントをご覧ください。

複数のリポジトリ間の切り替え

Cloud Shell エディタを使用して、複数の Git リポジトリを操作できます。リポジトリを切り替えるには、Cloud Shell エディタのステータスバーでリポジトリ名をクリックします。メニューから、スコープを切り替えるリポジトリを選択します。

これにより、選択したリポジトリのコンテキストで [Source Control: Git] パネルが更新されます。

リポジトリ名がステータスバーでハイライト表示され、クリックされた状態で、Cloud Shell エディタのメニューに切り替えるリポジトリが表示されている

適用中の変更を表示する

ファイルを追加、変更、削除すると、[Source Control: Git] パネルの [Changes] セクションに反映されます。選択したファイルを開く、これらの変更をステージングする、変更を破棄する、この commit で行われた変更を確認するなどの選択肢があります。

[Source Control: Git] の [Changes] セクションに表示される変更済みファイル

差分ビューをオンにする

[Source Control: Git] パネルの [Changes] の下に、変更されたファイルが表示されます。ステージングしている場合、[Staged Changes] にステージング済みのファイルが表示されます。いずれかのファイルをクリックすると [差分] ビューが表示され、ファイルの以前 commit された状態と現在の状態の間の違いを確認できます。

古い app.js と修正済み app.js の相違を示す commit メッセージと、ツリービューに表示される段階的な変更

変更を commit する

変更をチェックインする準備ができたら、Cloud Shell からすぐに行えます。

  1. Cloud Shell ターミナルを使用して次の git コマンドを実行します。

    git config --global user.email you@example.com
    git config --global user.name YourName
    
  2. 変更を確認するには、Cloud Shell エディタの [Source Control: Git] パネルで commit メッセージを作成し、[commit アイコン commit をクリックするか、 Cmd/Ctrl + Enter)を押します。

ツリービューに表示される、commit メッセージに入力され、ステージングされた変更

リポジトリのクローン作成

Cloud Shell エディタで、使用するリモートの Git リポジトリのクローンを作成するには:

  1. リポジトリの URL を取得します。GitHub リポジトリの場合は、リポジトリのメインページを開いてから、[Clone] または [Download] ダイアログを開きます。
  2. Cmd/Ctrl + Shift + P を押してコマンド パレットを起動し、Git: Clone を実行します。
  3. プロンプトが表示されたら、Git リポジトリの場所を入力します。

ブランチの作成とブランチ間の切り替え

新しいブランチを作成するか、既存のブランチでの作業に切り替えるには:

  1. Cmd/Ctrl + Shift + P を押してコマンド パレットを起動し、Git: Checkout を実行します。
  2. ブランチのリストから選択するか、新しいローカル ブランチを作成します。

Git ステータスバー

Git ステータスバーでは、現在のブランチを追跡し、ブランチ インジケーターを使用して別のブランチに切り替えることができます。また、ローカル リポジトリとアップストリーム ブランチの間の変更をチェックするための「Synchronize Changes」アクションも用意されています。変更を同期すると、ローカルの変更がアップストリーム ブランチに push され、リモートの変更がローカル リポジトリに pull されます。

現在のマスター ブランチを表しているブランチ インジケーターを含む Git ステータスバーと隣接の同期変更アクション

アップストリーム ブランチを設定していない場合は、publish アクションを使用して、ローカルの変更をリモート リポジトリに push できます。

現在のマスター ブランチを表しているブランチ インジケーターを含む Git ステータスバーと隣のパブリッシュ アクション