ログの表示

ストリーミング ログの表示

アプリケーションが通常モードまたは開発モードでビルドされ、実行されると、アプリケーションからのログ ストリーミングを IDE の内部からモニタリングできるようになります。

Guestbook アプリケーションからのストリームログの表示

Kubernetes Explorer に移動して、特定のリソース(ポッド、デプロイメントなど)のログを表示することもできます。

特定のリソースのログを表示する手順は次のとおりです。

  1. Kubernetes Explorer に移動します。右側のサイドパネルからアクセスできます。また、[Tools] > [Cloud Code] > [Kubernetes] > [View Cluster Explorer] でアクセスすることもできます。

    右側のタスクバーのタブを使用して開いた Kubernetes Explorer パネル

  2. ログを表示するリソース(ポッド、デプロイメント、サービスなど)を選択します。

  3. リソースを右クリックして [Stream Logs] を選択します。また、ポッドで実行されている個々のコンテナのログをストリーミングすることもできます。

    これにより、Kubernetes Explorer Console にログが出力されます。

    右クリック メニューを使用してポッドのログをストリーミングし、Kubernetes Explorer Console にログを出力する

リソースの確認

さらに、Kubernetes Explorer の内部から、次の方法でデプロイメントのステータスを確認できます。

  • ポッド、デプロイメント、ノードのステータス: これらの Kubernetes リソースのラベルの横にはマークがあり、ステータスに応じて色分けされています。失敗状態は赤、開始中 / 終了中 / 警告は黄色、望ましい正常な状態は緑色です。

    ポッドのラベルの横にある緑色のチェックマークで確認できるとおり、ポッドのステータスは正常です

  • デプロイされたリソースの説明: デプロイされたリソースで kubectl describe を実行すると、右クリックして [Describe] を選択することで、リソースの詳細を表示できます。

    [Describe] オプションは、Kubernetes Explorer パネル内で適切なリソースを右クリックして [Describe] を選択すると使用できます。

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。