クイックスタート

このクイックスタートでは、既存の HTTP(S) 負荷分散設定で Cloud CDN を有効にします。Cloud CDN の有効化、無効化、設定に関する詳細や、HTTP(S) ロードバランサが設定されていない場合の手順については、Cloud CDN の使用をご覧ください。

Cloud CDN の概要については、概要を参照してください。

gcloud コマンドライン ツールの使用

このページで説明する手順を行うには、Google Cloud Platform Console UI または gcloud コマンドライン ツールを使用します。

gcloud コマンドライン ツールにアクセスするには、次の 2 つの方法があります。

  • Google Cloud SDK をインストールします。手順は /sdk/downoads をご覧ください。これまでに gcloud コマンドライン ツールを使用したことがない場合は、まず gcloud init を実行して認証を行います。

  • Google Cloud Shell を使用します。これは gcloud に付属しており、すでにインストールされています。

既存のバックエンド サービスで Cloud CDN を有効にする

既存のバックエンド サービスで Cloud CDN を有効にするには、次の操作を行います。

コンソール


  1. Google Cloud Platform Console の [Cloud CDN] ページに移動します。
    [Cloud CDN] ページに移動
  2. [送信元を追加] をクリックします。
  3. [送信元] プルダウン メニューで [元の CDN を選択します] をクリックします。
  4. Cloud CDN の送信元として使用するロードバランサを選択します。
  5. [追加] をクリックします。

gcloud


gcloud compute backend-services update [BACKEND_SERVICE_NAME] \
    --enable-cdn

以上です。ユーザーがコンテンツをリクエストすると、Cloud CDN が Google ネットワークのエッジでコンテンツのキャッシュ保存を開始します。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud CDN のドキュメント