Bigtable との統合

このページでは、Cloud Bigtable と他のプロダクトやサービスとの統合について説明します。

Google Cloud サービス

このセクションでは、Bigtable と統合されている Google Cloud サービスについて説明します。

BigQuery

BigQuery は、Google が提供するペタバイト規模の低料金フルマネージド アナリティクス データ ウェアハウスです。BigQuery を使用して、Bigtable に保存されたデータをクエリできます。

開始するには、Bigtable データにクエリを実行するをご覧ください。

Cloud Functions

Cloud Functions は、Bigtable と統合されているイベント ドリブンのサーバーレス コンピューティング プラットフォームです。

Cloud Functions での Bigtable の使用チュートリアルでは、Node.js、Python、Go で HTTP Bigtable の書き込み、デプロイ、トリガーを行う方法について説明します。

Dataflow

Dataflow は、ビッグデータ処理のためのクラウド サービスおよびプログラミング モデルです。Dataflow は、バッチ処理とストリーミング処理の両方をサポートします。Dataflow を使用すると、Bigtable に格納されているデータを処理できます。また、Dataflow パイプラインの出力を格納できます。Dataflow テンプレートを使用して、Avro、Parquet、SequenceFiles データのエクスポートインポートを行うこともできます。

開始するには、Bigtable 用の Dataflow コネクタをご覧ください。

Dataproc

Dataproc を使用すると、Apache Hadoop と関連プロダクトをクラウドでマネージド サービスとして利用できるようになります。Dataproc により、Bigtable に対して読み書きを行う Hadoop ジョブを実行できます。

Bigtable を使用した Hadoop MapReduce ジョブの例については、GitHub リポジトリ GoogleCloudPlatform/cloud-bigtable-examples/java/dataproc-wordcount ディレクトリをご覧ください。

ビッグデータ

このセクションでは、Bigtable と統合されているビッグデータ プロダクトについて説明します。

Apache Hadoop

Apache Hadoop は、大量のデータセットを複数のパソコンのクラスタ間で分散処理することを可能にするフレームワークです。Dataproc を使って Hadoop クラスタを作成した後、Bigtable に対する読み書きを行う MapReduce ジョブを実行できます。

Bigtable を使用した Hadoop MapReduce ジョブの例については、GitHub リポジトリ GoogleCloudPlatform/cloud-bigtable-examples/java/dataproc-wordcount ディレクトリをご覧ください。

StreamSets データコレクタ

StreamSets データコレクタは、Bigtable にデータを書き込むように構成できるデータ ストリーミング アプリケーションです。StreamSets は、streamsets/datacollector の GitHub リポジトリに Bigtable ライブラリを提供します。

地理空間データベース

このセクションでは、Bigtable と統合されている地理空間データベースについて説明します。

GeoMesa

GeoMesa は、空間クエリとデータ操作をサポートする分散型時空間データベースです。GeoMesa は Bigtable を使用してデータを格納できます。

Bigtable をサポートする GeoMesa の実行について詳しくは、GeoMesa のドキュメントをご覧ください。

グラフ データベース

このセクションでは、Bigtable と統合されているグラフ データベースについて説明します。

HGraphDB

HGraphDB は Apache HBase または Bigtable をグラフ データベースとして使用するためのクライアント レイヤで、Apache TinkerPop 3 インターフェースを実装します。

Bigtable をサポートする HGraphDB の実行について詳しくは、HGraphDB のドキュメントをご覧ください。

JanusGraph

JanusGraph はスケーラブルなグラフ データベースです。何十億もの頂点とエッジを含むグラフの格納とクエリに最適化されています。

Bigtable をサポートする JanusGraph の実行について詳しくは、Bigtable での JanusGraph の実行、または JanusGraph のドキュメントをご覧ください。

インフラストラクチャ管理

このセクションでは、Bigtable と統合されているインフラストラクチャ管理について説明します。

Pivotal Cloud Foundry

Pivotal Cloud Foundry はアプリケーションの開発およびデプロイ用プラットフォームで、アプリケーションを Bigtable にバインドする機能を提供します。

Terraform

Terraform は、API を宣言的な構成ファイルにコード化するオープンソースのツールです。これらのファイルは、チームメンバー間での共有、コードとしての取り扱い、編集、レビュー、バージョン管理ができます。

Bigtable と Terraform を組み合わせて使用する方法の詳細については、Terraform のドキュメントの Bigtable のインスタンスBigtable のテーブルをご覧ください。

時系列データベースとモニタリング

このセクションでは、Bigtable と統合されている時系列データベースとモニタリング ツールについて説明します。

Heroic

Heroic は、モニタリング システムと時系列データベースを組み合わせたシステムです。Heroic は Bigtable を使用してデータを格納できます。

Heroic の詳細については、GitHub リポジトリ spotify/heroic、および Bigtable の構成指標の構成に関するドキュメントをご覧ください。

OpenTSDB

OpenTSDB は、Bigtable をストレージに使用できる時系列データベースです。Bigtable と GKE での OpenTSDB による時系列データのモニタリングでは、OpenTSDB を使用して Google Cloud 上で時系列データを収集、記録、モニタリングする方法について説明します。OpenTSDB のドキュメントでは、使用を開始する際に役立つ補足情報を提供しています。