Google Cloud Armor と他の Google プロダクトの統合

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

以下のセクションでは、Google Cloud Armor が他の Google Cloud の機能やプロダクトとどのように連携するかを説明します。

Google Cloud Armor と VPC のファイアウォール ルール

Google Cloud Armor のセキュリティ ポリシーと VPC ファイアウォール ルールには異なる機能があります。

  • Google Cloud Armor のセキュリティ ポリシーでは、エッジ セキュリティを提供し、Google Front End(GFE)へのクライアント トラフィックを処理します。
  • VPC ファイアウォール ルールは、バックエンドとの間のトラフィックを許可または拒否します。ターゲットがロードバランスされたバックエンド VM で、ソースがグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)によって使用される IP 範囲である、上り(内向き)許可ファイアウォール ルールを作成する必要があります。これらのルールにより、GFE とヘルスチェック システムがバックエンド VM と通信できるようになります。

たとえば、CIDR 範囲 100.1.1.0/24 と CIDR 範囲 100.1.2.0/24 からのトラフィックのみがグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)にアクセスできるようにするシナリオを考えてみましょう。目標は、トラフィックがバックエンドのロード バランシング インスタンスに直接到達できないようにすることです。つまり、関連するセキュリティ ポリシーを持つグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)経由でプロキシされた外部トラフィックのみがインスタンスに到達する必要があります。

Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーと上り(内向き)ファイアウォールを使用してアクセスを制限する。
Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーと上り(内向き)ファイアウォールを使用してアクセスを制限する(クリックして拡大)

上の図では、Google Cloud のデプロイを次のように構成することで、セキュリティ目標を達成しています。

  1. 2 つのインスタンス グループを作成します。1 つは us-west1 リージョンに、もう 1 つは europe-west1 リージョンに作成します。
  2. バックエンド アプリケーション インスタンスをインスタンス グループの VM にデプロイします。
  3. グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)をプレミアム ティアで作成します。シンプルな URL マップと、前の手順で作成した 2 つのインスタンス グループをバックエンドとする単一のバックエンド サービスを構成します。ロードバランサの転送ルールが 120.1.1.1 外部 IP アドレスを使用していることを確認してください。
  4. 100.1.1.0/24 および 100.1.2.0/24 からのトラフィックを許可し、他のすべてのトラフィックを拒否する Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーを構成します。
  5. このポリシーをロードバランサのバックエンド サービスに関連付けます。手順については、セキュリティ ポリシーの構成をご覧ください。より複雑な URL マップを持つ外部 HTTP(S) ロードバランサは、複数のバックエンド サービスを参照できます。必要に応じて、セキュリティ ポリシーを 1 つ以上のバックエンド サービスに関連付けることができます。
  6. 上り(内向き)許可ファイアウォール ルールを構成して、グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)からのトラフィックを許可します。詳細については、ファイアウォール ルールをご覧ください。

Google Cloud Armor と HTTP(S) ロード バランシングおよび IAP

Identity-Aware Proxy(IAP)は、ユーザーの ID を検証し、そのユーザーにアプリケーションへのアクセスを許可するかどうかを決定します。グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)の IAP を有効にするには、ロードバランサのバックエンド サービスで有効にします。同様に、エッジ Google Cloud Armor のセキュリティ ポリシーは、グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)のバックエンド サービスに接続されます。

Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーと IAP の両方が、グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)のバックエンド サービスで有効になっている場合、IAP の評価が最初に行われます。IAP がリクエストをブロックした場合、Google Cloud Armor はリクエストを評価しません。IAP がリクエストを正常に認証した場合、Google Cloud Armor はリクエストを評価します。Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーによって拒否の判断が下された場合、リクエストはブロックされます。

IAP で IP アドレスの拒否リストと許可リストを使用する。
IAP で IP アドレスの拒否リストと許可リストを使用する(クリックして拡大)

IAP と関連する構成の詳細については、Identity-Aware Proxy のドキュメントをご覧ください。

ハイブリッド デプロイの Google Cloud Armor

ハイブリッド デプロイでは、グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)は、Google Cloud の外部で実行されるアプリケーションまたはコンテンツ ソース(別のクラウド プロバイダのインフラストラクチャ内など)にアクセスする必要があります。Google Cloud Armor を使用すると、このようなデプロイを保護できます。

次の図では、ロードバランサに 2 つのバックエンド サービスがあります。1 つは、バックエンドとしてインスタンス グループを持っています。もう 1 つのバックエンド サービスには、バックエンドとしてインターネット NEG があり、インターネット NEG は、サードパーティ プロバイダのデータセンターで実行されているアプリケーションに関連付けられています。

ハイブリッド デプロイ用の Google Cloud Armor。
ハイブリッド デプロイ用の Google Cloud Armor(クリックして拡大)

インターネット NEG をバックエンドとして持つバックエンド サービスに Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーを接続すると、Google Cloud Armor は、そのバックエンド サービスを宛先とするグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたは外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)に到達するすべての L7 リクエストを検査します。

ハイブリッド デプロイの Google Cloud Armor 保護には、インターネット NEG に適用されるものと同じ制限が適用されます。

Google Cloud Armor と Google Kubernetes Engine(GKE)Ingress

Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーを構成したら、Kubernetes Ingress を使用して GKE でこれを有効にできます。

セキュリティ ポリシーの名前を BackendConfig リソースに追加することで、セキュリティ ポリシーを BackendConfig で参照できます。次の BackendConfig マニフェストでは、example-security-policy という名前のセキュリティ ポリシーを指定しています。

apiVersion: cloud.google.com/v1
kind: BackendConfig
metadata:
  namespace: cloud-armor-how-to
  name: my-backendconfig
spec:
  securityPolicy:
    name: "example-security-policy"

Ingress 機能の詳細については、Ingress 機能の構成をご覧ください。

Google Cloud Armor と Cloud CDN

Cloud CDN と Google Cloud Armor を併用して、CDN 配信元サーバーを保護できます。Google Cloud Armor は、CDN 配信元サーバーがアプリケーション攻撃から確実に保護されるようにし、OWASP トップ 10 リスクを軽減して、レイヤ 7 フィルタリング ポリシーを適用します。Google Cloud Armor と Cloud CDN の連携に影響するセキュリティ ポリシーには、エッジ セキュリティ ポリシーとバックエンド セキュリティ ポリシーの 2 種類があります。

エッジ セキュリティ ポリシー

グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)の背後にある Cloud CDN 対応バックエンド サービスと Cloud Storage バックエンド バケットには、エッジ セキュリティ ポリシーを使用できます。エッジ セキュリティ ポリシーを使用すると、コンテンツがキャッシュから提供される前にリクエストをフィルタリングできます。

バックエンド セキュリティ ポリシー

Cloud CDN が有効になっているバックエンド サービスに Google Cloud Armor バックエンド セキュリティ ポリシーを適用すると、これらのポリシーは、バックエンド サービスにルーティングされるリクエストにのみ適用されます。これには、動的コンテンツ リクエストとキャッシュミス(Cloud CDN キャッシュにないリスクストや、このキャッシュをバイパスするリクエスト)が含まれます。

リクエストは最初にエッジ セキュリティ ポリシーによって評価されます。エッジ セキュリティ ポリシーで許可されたリクエストは、ユーザーに配信され、バックエンド セキュリティ ポリシーでは評価されません。それ以外の場合、リクエストはバックエンド セキュリティ ポリシーで再度評価されます。

次の図は、エッジ セキュリティ ポリシーでリクエストが許可された後に、Cloud CDN 送信元でバックエンド セキュリティ ポリシーがどのように機能するかを示しています。

Cloud CDN での Google Cloud Armor バックエンド セキュリティ ポリシーの使用。
Cloud CDN での Google Cloud Armor バックエンド セキュリティ ポリシー(クリックして拡大)

Cloud CDN の詳細については、Cloud CDN のドキュメントをご覧ください。

Cloud Run、App Engine、または Cloud Functions での Google Cloud Armor

Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーは、Cloud RunApp EngineCloud Functions サービスを参照するサーバーレス NEG バックエンドで使用できます。

ただし、サーバーレス NEG と Cloud Functions とともに Google Cloud Armor を使用する場合は、サーバーレス エンドポイントに対するすべてのアクセスが Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーによってフィルタリングされるように、特別な手順を行う必要があります。

Cloud Functions サービスのデフォルト URL が割り当てられたユーザーは、ロードバランサをバイパスして、サービス URL に直接アクセスできます。これにより、Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーを回避できます。Google Cloud が Cloud Functions サービスに自動的に割り当てる URL は無効にできません。

アクセス制御をすべての受信トラフィックに確実に適用するには、Cloud Functions を構成するときに internal-and-gclb を使用します。これにより、内部トラフィックとグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)によって公開されたパブリック IP アドレスに送信されるトラフィックのみを許可できます。Cloud Functions によって設定された cloudfunctions.net や他のカスタム ドメインに送信されたトラフィックは、ブロックされます。これにより、ユーザーは、グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサまたはグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)から設定されたアクセス制御(Google Cloud Armor セキュリティ ポリシーなど)を回避できなくなります。

サーバーレス NEG の詳細については、サーバーレス ネットワーク エンドポイント グループの概要サーバーレス NEG の設定をご覧ください。

次のステップ